法人化で個人事業を廃業した年の経費はいつまで計上できるのか?

スモールビジネスの場合、法人ではなく個人事業主として活動していることも多いでしょう。

とはいえ、売上規模が増えてきた場合などに法人化することもあると思います。

今回は、「法人化で個人事業を廃業した年の経費はいつまで計上できるのか?」をご紹介します。

法人化で個人事業を廃業した年の経費はいつまで計上できるのか?

法人化で個人事業を廃業した年の経費は、いつまで計上できるのでしょうか。

年の途中で廃業届を提出した場合は、12月まで期間が空きますね。

この期間の経費は、当該年度の確定申告で経費に算入することはできないのでしょうか。

『事業を廃止した場合の必要経費の特例』

所得税法に、『事業を廃止した場合の必要経費の特例』というものがあります。

特例の対象になるのは、スモールビジネスのような事業所得等の費用です。

また、廃業していなかった場合に経費となっていたものとなります。

個人事業を廃業するなら「年末」に

個人事業を廃業するなら、「年末」にしましょう。

個人事業主は、自由に廃業日を決めることができますからね。

年末にすれば、今回のようなことを考える必要はありません。

編集後記

今回は、「法人化で個人事業を廃業した年の経費はいつまで計上できるのか?」についてご紹介しました。

顧問税理士とも相談してみることをおすすめします。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで