後悔しない!ウェブコンサルタントのおすすめ活用方法と付き合い方

あなたは自分の経営やマーケティングについて、コンサルタントに依頼していますか?

コンサルタント型のビジネスで起業を行うスモールビジネスオーナーも多いので、どっかしらで関わっているかもしれませんね。

そのコンサルタントをうまく活用できていますか?

契約したけど、機会をうまく活用できていない方も実際多いようです。

今回は、「後悔しない!ウェブコンサルタントのおすすめ活用方法と付き合い方」について紹介します。

ウェブコンサルタントの取扱説明書

まず前提のお話をします。

ウェブコンサルタントは忙しいのです。

忙しくなくても、忙しくしているのが実情です。

売れっ子感があるほうが、売れやすくなりますからね。

そして、ウェブコンサルタントのアドバイスは抽象的になりがちです。

と言っても、本質的なことを教えてくれるので、とてもありがたいことなのです。

問題は、それの落とし込み方や実際の行動に繋がらない場合も多いということです。

それを理解した上で、付き合う必要があります。

「お金を払ったんだから特別扱いしてくれよ〜」という雰囲気を見せると、逆効果です。

コンサルタントもお客さんを選ぶ時代なので、素直に主体的に動きましょう。

ウェブコンサルタントへの成果の出る質問の仕方

先述した、

  • ウェブコンサルタントは忙しい
  • アドバイスが抽象的、本質的

ということを理解した上で、どう付き合えば良いか。

それは、質問の仕方を変えるということです。

例えば、「このホームページはどう思いますか」ではいけません。

アドバイスの前に、質問が抽象的過ぎます。

これは、かなり難解な質問です。

なんとなくの質問には、なんとなくの答えしか返ってきません。

それでは結局実践に繋がりませんね。

的を得た解答が欲しいのであれば、質問自体を具体的にする必要があります。

一度に多くのことを得たい気持ちはわかります。

しかし、範囲を広げれば広げるほど、具体度が下がります。

質問がするときは、部分的かつ具体的な質問をしてみてください。

「このホームページはどう思いますか」

ではなく

「このホームページの、サービス紹介の部分について〜と思うんですがいかがですか?」

としたほうが、生産的な解答が得られます。

コンサルタント自身も、論点の箇所が明確になるので、具体的なアドバイスがしやすいのです。

質問の具体度をあげることで、自分が手に入れたい答えを知ることができます。

うまく活用するためにも、質問の仕方を考えてみてください。

編集後記

今回は、「後悔しない!ウェブコンサルタントのおすすめ活用方法と付き合い方」についてご紹介しました。

私自身、コンサルタントではありません。

しかし、多くのコンサル型ビジネスの方のサポートをしてきた中で感じたことです。

1つの質問がその人の成果を大きく変える可能性があります。

ぜひ参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで