メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

PayPal 返金処理手続方法と手数料(売り手) 反映日数と期間

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

PayPalって、便利ですよね。

まれに、キャンセル時や二重決済時などに、返金処理手続きをしなければならないときがあります。

今回は、「PayPal 返金処理手続方法と手数料(売り手) 反映日数と期間」をご紹介します。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

PayPalの返金処理手続方法

PayPalの返金処理手続方法は、簡単です。

「取引履歴」→「返金」。これでOKです。

期間に制限がある点は、注意しましよう(PayPalヘルプ

PayPalの返金手数料

PayPalの返金処理には、手数料がかかります。

現時点では、「40円」です。一部返金でも全額返金でも、手数料がかかります。

最新の情報は、「PayPalヘルプ」でも確認してみてください。

PayPalの返金反映日数と期間

PayPal返金の反映日数は、カード払いなら30日以内、PayPal残高払いなら3〜4営業日です。

また返金できる期間は、購入から最長180日以内です。(以前は、60日以内だったと記憶しています)

これらの情報も同様に、最新の情報は、「PayPalヘルプ」でも確認してみてください。

編集後記

今回は、「PayPal 返金処理手続方法と手数料(売り手) 反映日数と期間」についてご紹介しました。

極力、返金処理が発生しないように気を付けていきたいものですね。

参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる