メール配信サービスからGmail宛に送信したメールに警告出た時の対処法

メール配信サービスって、便利ですよね。

アスメル・オレンジメール・エキスパートメール・配配メール・MyASP(マイスピー)・MailChimp(メールチンプ)….etc。

といった様々なメール配信サービスがありますが、送信者のメールアドレスがGmailアドレスな場合、注意が必要です。

このメールは次のアドレス(送信者のGmailアドレス)から送信されたものではない可能性があります。

または、

Gmail では、このメールが本当に gmail.com から送信されたものであることを確認できませんでした。

といった警告が受信者のメールボックスに出る場合があります。他にも迷惑メールボックスに入ってしまうといったことがありえます。

現在は問題なく送信できていても、受信者のメールボックスには上記のような警告が出る可能性があります。

このように警告が出た際の対処法として、今回は「独自ドメインを使ったオリジナルのメールアドレスを取得」についてご紹介します。

Gmail宛に送信したメールに警告出る理由

これは、Gmailヘルプによると

警告メッセージが表示される理由

送信者のアドレスが name@gmail.com であると表示されているにも関わらず、メールが実際にその Gmail アカウントから送信されたことを Google が確認できない場合に、この警告が表示されます。

引用:Gmailヘルプ

だそうで、GmailはGmailアカウントからでないと警告が出るそうなんです。

つまり、メール配信サービスからGmailアドレスを使い、メルマガを送信したとすると迷惑メールボックスに入り、警告が出る可能性があります。

独自ドメインを使ったオリジナルメールアドレスを取得

Gmailが使えないとなると、違うメールアドレスを使うしかないです。

そこで、レンタルサーバーで契約した独自ドメインを使って、オリジナルメールアドレスを取得してもらい、そのメールアドレスを使いましょう。

取得する方法は、「(ドメインを取得したサーバー会社) メールアドレス取得」などで検索しましょう。

例えば、エックスサーバーの場合は、「エックスサーバー メールアドレス取得」ですね。

簡単にオリジナルメールアドレスを取得できますよ。

編集後記

今回は、Gmail宛に送ったメールに警告が出た際の対処法として、「独自ドメインを使ったオリジナルのメールアドレスを取得」についてご紹介しました。

これで迷惑メールボックスに入るのを避けられますね。

他には、受信側の設定などの問題もあるので、一概にこれが原因とは言えませんが、独自ドメインでメルマガを送信した方が安心感があります。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで