メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【選ばれるコンセプト】売れる商品に共通するのは「選択の手間」の排除

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

企画を作り、リリースする時、「売り方」には迷いますよね。

  • 「良い商品なのに、なんで売れないんだ」
  • 「一生懸命伝えても、うまく伝わらない」
  • 「商品・サービスの見せ方が、わからない」

今回は、このような悩みを解決できる記事を用意しました。

自信のある商品・サービスでも、伝わっていなければ、売れません。

今回は、売れる商品コンセプトを作る上での、大切なアイデアについてお伝えします。

ご紹介する方法で、ぜひご自身の商品の「見せ方」を変えてみてください。

一気に、魅力的な商品に生まれ変わりますよ。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

面倒くさがりということを理解する

具体的な方法をお伝えする前に、重要な前提を共有します。

それは、「人間は面倒くさがり」だということです。

  • ダイエット
  • 筋トレ
  • 勉強
  • ビジネス
  • …etc

何かしらの、自己実現のために、人は行動します。

でも、大半の人が、結果が出にくいのです。

なぜか。

継続できない…

答えは、簡単です。

「継続できないから」です。

  1. 色々なものに手を出して
  2. 散らかって
  3. 迷って
  4. やめてしまう

というのが、関の山。

ラクしたい

面倒くさいんです。

人間には生来、「ラクしたい欲」があります。

できるだけ、面倒なことは避けたい。

簡単に早く、目的を達成したい。

これが、本来の人間心理です。

売れている本の切り口に注目

売れている書籍を見渡すと、「ラクしたい意欲」をうまく利用しています。

  • できるだけ、頑張らない
  • なるべく、ラクしたい
  • 本当は、サボりたい

を全面に出した書籍は、売れています。

こういった事例を参考に、どうやったら売れるのかを考えます。

「これだけ」ということを伝える

結論は、「これだけでいい」を伝えることです。

  • これだけ、知っていればいい
  • これだけ、持っていればいい
  • これだけ、学んでおけばいい
  • これだけ…etc

「これだけでいいんですよ」を打ち出す。

沢山あるものを、まとめる

世の中には様々なコンセプトの作り方、ノウハウが存在します。

共通して言えることは、

「沢山ある情報を、まとめてあげる」

ということです。

選ぶ手間を省いてあげる

つまり、「選択の手間」を省いてあげればいいんです。

ターゲット顧客が、面倒くさいと思うこと。

それを考え、「これだけでいいよ」と言ってあげる。

これができれば、選ばれやすくなります。

編集後記

「これだけでいい」を伝える。

シンプルですが、情報過多の時代には、価値が高い視点です。

何かアイディア思い浮かびましたか?

思いついたら、早速ホームページやランディングページで伝えましょう。

あわせて読みたい
【林修先生に学ぶ】知識や体験をノウハウ化・コンテンツ化する方法 カリスマ講師も実践!自分のノウハウをコンテンツ(商品)にする方法
あわせて読みたい
【情報発信で差別化】ユーザー心理を考えたコンテンツ制作の秘訣とは? SMAP解散。 我々世代であれば、芸能史に残るビッグイベントでしょう。 そんなSMAP解散騒動の折に、明石家さんまさんの発言が話題になりました。 【「俺は木村派や〜」】...
あわせて読みたい
【商品開発の掟】売上アップ・生き残りのためには「理念」から考えよう 新たな商品・サービスの開発方法のヒントは「理念」にあり

動画

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる