メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【情報発信で差別化】ユーザー心理を考えたコンテンツ制作の秘訣とは?

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

SMAP解散。

我々世代であれば、芸能史に残るビッグイベントでしょう。

そんなSMAP解散騒動の折に、明石家さんまさんの発言が話題になりました。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

「俺は木村派や〜」

明石家さんまさんが、

「俺は木村派や〜」

と、とある番組で言っていたのです。

こうした有名人の言論は、何かと話題に上がりますよね。

なぜここまで盛り上がるのでしょう。

情報発信の秘訣

ゴシップ系や芸能ネタだから話題になる。

これは間違いありませんが、それだけで片付けてはいけません。

もちろん、SMAPほどの知名度があれば、何をしても話題になります。

髪を染めたというだけで、恐らく翌日のLINEニュースに載るでしょう。

しかし…

SMAPの解散問題には、有効的な情報発信の秘訣が隠れているのです。

みんな「裏」が好き

さんまさんが、俺は木村派や〜と言ったことで、翌日のニュースは騒ぎました。

多くの人が、この発言の意味を咀嚼し予想を膨らませる。

芸能界の裏の世界を、垣間見ようとしているのです。

「あの芸能人、実はね…」なんていう情報が、みんな大好物。

本当のところ、どうなの?

つまり、「本当のところ、どうなの?」が気になるんです。

もっと言えば、さらにそれを、人に教えてあげたいわけです。

「あの芸能人、実はね…」という情報が、会話の潤滑油になったりしますからね。

情報の賞味期限

情報の賞味期限は、

『噂が、「7割」事実に変わってきた頃合い』

だと、私は思っています。

事実として定着してしまったら、賞味期限は、まもなく切れるでしょう。

噂が、話題を呼ぶ

芸能人関係のニュースも、噂が真実味が増してくると、一気に盛り上がります。

真実味がない噂の時は、「どうせまた嘘でしょう〜」と勘ぐります。

逆に事実化してしまうと、「やっぱそうだったんだね」と幾分冷めてしまいます。

「どうやらあの噂、事実らしいわよ〜」のタイミングが、注目の絶頂期ということです。

スモールビジネスでも使える

実は、スモールビジネスオーナーにも、この方法が使えます。

集客を行う上では、情報発信が大切。

こんなこと、わざわざ言うことではないと思います。

しかし、世の中は情報過多。

普通の情報では興味を持ってもらうことが不可能です。

注目してもらう2つの秘訣

ではどのように、自社の情報に注目してもらうのか。

そんな時に有効な裏技が、2つあります。

  1. 裏側を見せる
  2. 情報をまとめる

上記2つを意識することで、興味を持ってもらいやすくなるんです。

(1)裏側を見せる

先に出た、「ホントの所はどうなのよ〜」というニーズ。

あなたの業界で、教えてあげられるネタはないでしょうか。

  • 最近のトレンド
  • メディアで話題のキーワード
  • 事件や事故になったこと

「あれって、実のところ…」と専門家視点で、教えてあげましょう。

(2)情報をまとめる

裏側について説明したら、情報をまとめてあげましょう。

情報で錯乱した世の中を、あなたがわかりやすく整理してあげるのです。

  • 手順を教える
  • 5つのポイントにまとめる
  • ◯◯と△△の比較をする
  • …etc

これで情報発信の差別化は十分です。

販促でも使える

ちなみに、このやり方。

販促・プロモーションでも活用できます。

「裏側」を暴く!みたいな仕掛け方で、注目を引くこともできるでしょう。

こうしたプロモーションについては、書籍を参考にしても良いかもしれませんね。

編集後記

情報過多の時代では、

  1. 情報をまとめて、
  2. わかりやすく伝える

という能力が求められますね。

「わかりやすい」=「価値あるコンテンツ」。

ユーザーにとって、親切な情報発信を心がけたいですね。

あわせて読みたい
【まとめ記事とは】書き方を「世界の爆笑映像スペシャル」から学ぼう 「世界の爆笑映像スペシャル」 あなたも、見たことがあるでしょう。 この「世界の爆笑映像」は、おもしろいですよね。 だから、テレビでも定期的にやっているのでしょう...
あわせて読みたい
【USPで差別化】選ばれるためには理念・想いをコンテンツ化しよう 商品が売れるコツは「こだわり」をコンテンツにすること
あわせて読みたい
【選ばれる商品・サービス】セールスで大切なのは「簡潔」であること 「本好きのスタッフが選ぶ、今月のおすすめ書籍ピックアップ」 本屋に行くと、よく目にする宣伝文句です。 手垢のついた表現ではありますが、、、 こうした「おすすめ」...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる