読みたい本を管理する方法 | Amazonほしい物リストの使い方

Amazonの「ほしい物リスト」機能を使っていますか?

この機能は、家具や家電、雑貨品などの管理にはもちろん、読みたい本の管理にも使えます。

今回は、「読みたい本を管理する方法 | Amazonほしい物リストの使い方」をご紹介します。

Amazonほしい物リストの使い方

ほしい物リスト」の使い方は、簡単です。

公式ヘルプ」にもある通り、商品画面で「ほしい物リストに追加する」をクリックするだけ。

これだけで、自分のアカウントの「ほしい物リスト」に追加されます。

読みたい本を管理する方法

要するに、「お気に入り」ボタンのようなものですね。

で、この機能は、家具や家電、雑貨品などの管理にはもちろん、読みたい本の管理に使えます。

ベストセラーランキングなどはもちろん、書店などで気になった本も「ほしい物リスト」で一元管理できるのです。

まずは図書館、無ければ購入

個人的には、「まずは図書館、無ければ購入」のスタンスが良いと思っています。

定期的に「ほしい物リスト」の本を、地元の図書館のサイトで検索してみる。あれば借りるし、無ければ購入する。

少なくとも、一旦クッションを挟むことで「本当に読みたい本か?」と自問する機会が増えるのでオススメです。

編集後記

今回は、「読みたい本を管理する方法 | Amazonほしい物リストの使い方」についてご紹介しました。

これで気になった本を忘れずに済みますね。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで