ZOOMの録画機能(レコーディング)で動画が途切れてしまう理由。

ウェブ上でミーティングが出来るZOOMの中でも便利な機能が録画機能(レコーディング)です。

この機能では、ミーティングの様子を動画として出力できる大変便利な機能です。

コンサルティングの場合、復習用にお客さんに動画を案内する事もできます。または、ZOOMでセミナーを開いた場合、録画した動画を販売したりも可能です。

ZOOMの録画機能の仕様ですが、一時停止と停止があります。

一時停止の場合、文字通り録画を一時停止することが可能です。なので、録画が不要箇所がある場合は一時停止します。

例えば、セミナーであれば、休憩中などは録画する必要がないので、ここで一時停止します。

そして、この一時停止の場合、一時停止中の箇所は録画されずに再開が可能です。一時停止ボタンをクリック→もう一度、一時停止をクリックで録画が再開されます。

なので、出力される動画データは途切れずに1つのデータとして出力されます。

反対に停止を押すと、その時点で録画が停止してしまいます。

もちろん、意図した箇所で停止したい場合は別ですが、間違ってクリックしてしまい録画を再開した場合は、複数の動画データとして出力されるといったシステムです。

なので、誤って停止ボタンをクリックしてしまうと、動画データを動画編集ソフトでくっつける作業が発生してしまうという訳ですね。

そんな録画機能ですが、先日のセミナーを録画していた際に、出力された動画データ(mp4形式で出力される)を確認すると、すべての録画不要箇所でその都度一時停止をクリックしていたのにも関わらずに、動画ファイルが途切れている事に気づきました。

手を滑らせて停止ボタンを押してないので、これだと1つの動画データになって編集も不要なはずでした。

なんで、途切れてしまうのか不審に思い、動画を確認してみるとある事に気づきました。

録画中はブレイクアウトルームへの参加に注意

原因は、録画していたユーザー(自分)がブレイクアウトルームに参加したタイミングで録画が途切れてしまい、出力された動画データも途切れてしまいました。

ちなに、ブレイクアウトルームとは、大元のルームとは、別の独立したルームへユーザーを移動させる機能です。

なので、別ルームの会話は大元のルームやさらに別ルームには一切聞こえない状態です。

ブレイクアウトルーム中は一時停止して、録画はしていませんでした。

どうやら、別ルームへの移動したことで、大元のルームからは一時的に外れたので、録画が強制的に停止状態になったようです。

そのタイミングで動画データが途切れていて、複数の動画データとして出力されてしまいました。

なので、対処法としては録画担当ユーザーは、ブレイクアウトルームに参加しないということですね。

動画編集ソフトを持っていれば、動画をくっつけるだけなので対した作業内容ではないです。

しかし、動画編集ソフトをもっていない方は、結構不便ですよね。

YouTuberや動画制作を専門としていない方だと、高価なソフトな為、中々手が出しにくいですし、PCのスペックも高いものが要求されます。

でないと、動画出力中にPCが使えなくなることもありますし、そもそも動画編集作業が捗らないこともあります。

なので、動画編集ソフトをお持ち出ない方は十分ご注意くださいね。持っていたとしても、このタスクはないに越したことはないです。

編集後記

録画ユーザーが複数いる場合限定かもしれませんが、備忘録代わりに記事を更新してみました。

複数のユーザーでZOOMを使ってセミナーを運営し、なおかつセミナー内容を録画する場合というレアなケースかもしれませんが、参考になれば幸いです。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで