手堅い起業3つの条件と商品をすばやく作る4つのポイント

先日突然、「勇人って、ホームページ作れる?」と母親から電話がありました。

いきなりどうしたのかと思い詳細を聞くと、どうやら近々起業するとのこと。私の実家は、父が鮮魚店を営んでいるため、もともと商売人の家だったが、とうとう母親までも商売人になると…。

私の実家は、茨城県のど田舎にある。ちょうど先日、実家に帰る機会があったので、母親と詳しく起業について話した。母親は、自宅でシワ取りのサロンを開業するとのこと。それにあたる集客の方法をいろいろ巡らせていました。

母親と新しい商売について話していると、父親が横から口を挟んできました。「実はオレも今の魚屋以外に、新しく商売やろうと思ってる。農業とか、古民家カフェをいま考えてるところだ。」とかなりの茨城訛りのイントネーションで言ってきました。さらに昔から仲良くしていた、いとこも、メダカの販売ビジネスを始めると言う噂が立っている。何やら、小島家周辺の商売ブームが起きていると感じた瞬間でした。

食いっぱぐれないためのたった1つのこと

母親にアドバイスをしたり、父親の仕事の話を聞いていると、改めて起業ついて考えさせられました。もちろんまだ起業のハードルはあると思います。ただ、イニシャルコストがさほどかからない商売の立ち上げ方もあるのも事実です。そうした起業のスタイルを選んでいけば、誰でも起業できる時代なんだなと改めて思いました。

その頃、、、小島家での商売の話題はどんどん盛り上がりを見せていました。クレープ屋さん、ネイルサロン、ホワイトニングサロン、直売所、道の駅、コミュニティーカフェ…など様々なアイディアが出てきました。ほとんどが、初期投資がかかりますが(笑)。そしてほぼほぼ実現可能な計画まで立ちました。今回は、なんだか面白い帰省の時間でした。

起業が身近になり、誰でも商売を立ち上げることができる時代になっている事は確かです。いろんなビジネスアイディアも考えることができます。家族団欒での起業話の後に、帰りの電車で私自身も改めて考えました。

いろんな形態の商売を考えた末に、たどりついた結論があります。それは、結局大切なのは販売だということです。いくら計画を練っても、商品・サービスが売れなければ話になりません。DMMの亀山会長も、「結局どんな商売も、仕入れて、宣伝して、売るだけだよ。これだけ覚えておけば食いっぱぐれる事は無い」と言っていました。まさにその通りだと思います。

結局はちゃんと売れるかどうか。ここに尽きますね。

手堅い起業の方法とは?

小島家の会話の中では、そこそこリスキーな商売も上がっていました。何がリスキーかと言うと、初期投資です。

堀江貴文さんも、うまくいくビジネスの条件として、

・在庫を持たない
・定期的に収入が入ってくる
・イニシャルコストが小さく始められる

の3つをあげていました。

起業を手軽に考えるためにも、この3つは押さえておきたいですね。これから起業考える人も、今現時点で商売をやられている方も、もう一度考えてみたいポイントです。すべて満たしていなくても、どれか当てはまるようにはしたいですね。

これらを意識したら、後は売っていくだけです。先ほどもお伝えしましたが、売れなければ商売は暗礁に乗り上げることになります。

でも、売るもの、提供するものがはっきりと定まっていない場合は、、、

さくっと商品が出来上がる4つのポイント

ここからは、今から起業する人、すでに起業して商品サービスがはっきり定まらない人、商品ラインナップを増やしたい人は、ぜひ読んで下さい。そしてアイディアを出してください。

「自分はどんな商品・サービスを提供したらいいか」は迷いどころですよね。もちろん1回決めるのではなく何度もテストをしながら商品開発をしていく事は必須です。だから、まずはたくさんアイディア出しましょう。商品アイディア出すときに使える考え方は以下の4つがあります。

1.ものを売る

これは単純です。有形のものを販売します。食品、化粧品、雑貨、書籍などです。

これについては、ほとんどが在庫を抱えてしまう方が多いので注意が必要です。

2.知識を売る

初期投資がかからない形態の代表ですね。自分が培ってきた専門分野の知識を、困ってる人に届けます。本もその一つですが、最初はハードルが高いので、電子書籍などがいいですね。さらには、セミナーや勉強会などを開催すると商売としては広がりを見せます。

3.場を売る

レンタルスペースや、貸し会議室などが代表格です。自分の資産の中で有効活用できていない余った場所があれば、貸し出したりできないかの視点で検討しましょう。場所シェアするイメージです。

4.スキルを売る

自分の得意分野のスキルを商品・サービスとして提供します。例えばホームページが作れるのであれば、ウェブ制作という商売が成り立ちます。人の話を聞くのが得意であれば、カウンセリングのスキルが売れます。ココナラやタイムチケットといったサービスも出てきているので、特定分野のスキルの価値はこれからもどんどん上がっていくでしょう。

以上の4つをもとに自分の商品・サービスを考えていきましょう。今既に行っている商売があるのであれば、何か付加できないかを考えてみて下さい。

今まで、ものを売っていた人であれば、そこに知識の要素付け加えられないか。知識のコンテンツを作って販売することで、拡張性がありますし、単価も上げることもできます。さらにはスキルを、困ってる人に提供するモデルも考えられますね。今まで1つしか商品が、2つ3つと増えていくという事は、当然売り上げも上がります。

これからは体験が重視されます。単純に物にお金を消費するのではなく、そこで生まれる体験に価値を感じてその対価を払ってくれます。ものを売るという視点以外にも展開方法は様々です。ものベースではなく、体験、知識を提供できないかと考えると視野は広がります。と同時に、手堅い起業もできますよ。

今回お伝えした、(1)物を売る(2)知識を売る(3)場を売る(4)スキルを売るの視点をもう一度自分の商売に置き換えて考えてみてください。何か新たな商品・サービスができませんか?

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで