付箋の大きめサイズはポストイットのイーゼルパッドで決まり

特大サイズの付箋を使ったことはありますか?

付箋と言えば、本やノートに貼ったりするイメージが強いですね。

特大の付箋というのはあまり馴染みがないかと思います。

でも、大きめの付箋が結構便利なんです。

どれくらい大きいかと言うと、762×634mmの大きさです。

一般的な玄関マットくらいの大きさですね。

大きい付箋はイーゼルパッドがおすすめ

さて、早速大きい付箋を紹介します。

おすすめは、

付箋業界では超有名なポストイットの、イーゼルパッドです。

一見付箋には見えませんが、安心してくだい。ちゃんと貼れますよ(笑)。

会議やワークショップで大活躍

使い道は?という感じですが、結構使えるんです。

壁にかけたり、立てかけたりできる仕様になっているので、会議などでも重宝します。

ホワイトボード代わりに使って、プレゼンを行うのもいいですね。

アイディアを整理するときにも最適

何かアイディアを整理するときにも便利ですね。

大きめのサイズなので、思考も広がります。

付箋という特性を活かした使い方としては、何らかの思考パターンやフレームワークなどを書いて部屋に貼っておくと、いつでも参照できるのでおすすめです。

マーケティングの4Pや3Cといった、(ちょっと月並ですが、、、)フレームワークを目の見えるところに置いておくと、アイディアが出やすくなるでしょう。

編集後記

はじめは、「こんなデカイ付箋なんて使うか?」と思っていました。

ところが使い始めると、超便利なんです。

今では、部屋やオフィスに1つは無いと少し不安です(笑)。

特大付箋、ぜひ使ってみて下さい。

 

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで