池上彰も実践!アイディアが湧き出る読書術

スモールビジネスをオーナーであれば読書は日課ですよね。

私たちも、1週間で平均10冊以上は読んでいます。

ブログを書くにしろ、メルマガを書くにしろ、セールスのプロモーションを考えるにしろ、アイディアは重要です。

そしてそのアイディアというものは、良質なインプットからしか生まれません。

自分の頭に何を入れたかがとても重要になるわけです。

読書からのアイディア

インプットすることで代表的なものと言えば、やはり書籍でしょう。

値段的にもお手軽で、アマゾンプライム会員であれば、翌日に欲しい本を手に入れることができます。

読書の方法としては、多読や速読といった方法がありますよね。

どれが良いかは自分で実践してみて、自分に合った方法を選ぶべきです。

いずれにせよ、本から情報を得ることは、もはや日常です。

しかし、、、

「ただ、読んでるだけ」の状態

たくさんの本を読む事は良い事ですが、読みっぱなしも良くありません。

なぜ読書するかと言えば、もちろん知識を得るためです。

しかし、せっかく読むのであれば、それを何かに生かしたいものです。

そして本で得た知識を実践して、目標達成や何かしらの成果に繋げたいものです。

そのためには、本を読んだら、

  1. 自分なりに咀嚼して
  2. 実践できるアイディアにする

をすることが必要です。

そのために効果的な方法としては、

池上彰さんの読書術

先日とある番組を見ていたら、池上さんが情報の整理術を語っていました。

当然、池上さんも膨大な数の書籍を読んでいます。

どのように情報を整理して、アイディアを出しているのか?

やり方は、シンプルでした。

手のひらサイズの白い紙を予め本に挟んでおいて、メモしたい箇所でその紙に書き込むという方法です。

そこで、ちょうどいい紙がないかなーと考えていたら、見つけました。

付箋を使った読書術

使う道具は、付箋です。

ポストイットを使うことをおすすめします。

付箋になっているので、好きな箇所に貼っておくことができるので、紛失を防ぐことができます。

付箋のサイズは、75×75mmがおすすめです。

75×75mmのおすすめ付箋

書き込めるし、邪魔にならない丁度いいサイズです。

これを、本を買ったら、何枚か挟んでおくと便利ですよ。

編集後記

ぜひ、今回の付箋の読書術を試してみてください。

ちなみにこの方法は、図書館などで借りたり、知り合いから借りた、書き込み不可の本にも使えます。

すぐアイディアを書き出せるので、読者の濃度も上がります。

折り目をつけることもいいですが、浮かんだ考えを書き込んでおくと、その後の参照として便利です。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで