メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

【無料でできる】セミナー集客は、まずこれをやりなさい

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

セミナーを中心に商売をされている方、多いですよね。

  1. セミナーの参加費で収益を得る
  2. セミナーを通じて、次の商品・サービスを販売する

講師、士業、コンサルタント、コーチを中心に、セミナーは活用されています。

しかし、多くの方が、ぶつかる壁があります。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

セミナーに、人が集まらない

それは、「集客」の問題です。

セミナー開催予定だったけど、参加者が集まらず、中止。

これは、よく聞く話です。

参加者が集まらなければ、商売が成り立たなくなってしまいます。

そこで今回は、労力をかけずに、自力で集客できる方法をお伝えします。

セミナーに集客するには、ちょっとしたコツがあるんです。

セミナー集客で、最も大切なこと

セミナーに人を集める際に、一番重要なのはなんだと思いますか。

知名度でしょうか。あるいは、セミナーの中身でしょうか。

いえ、違います。

一番大切なのは、「セミナータイトル」です。

タイトルが命

セミナーに参加したことある人なら、わかると思います。

ほぼ、タイトルで参加を決めませんか?

募集ページを読むにせよ、セミナータイトルに興味をもってから読むと思います。

タイトルは、命なんです。

ということは、「いかに魅力的なタイトルをつけるか」が、勝負どころ。

悩み+解決方法

現在、セミナーの集客がうまくいってなければ、タイトルを変えてみてください。

経験上、それだけで、改善されることが多いです。

タイトルの考え方は、簡単です。

  • ターゲットの悩みを考える
  • 解決方法を提示する

これだけ。

  • (悩み)を解決する◯◯の方法
  • (悩み)を解決する◯◯セミナー

このようなタイトルにします。

お悩み解決が基本

人がお金を払うときは、何かの悩みや問題を解決したときです。

惹きつけるセミナータイトルにするには、悩みを徹底的に考える必要があります。

ターゲットの悩みや問題に、とにかく寄り添いましょう。

バリエーションを増やす

タイトルをつけたら、次にバリエーションを増やします。

例えば、「用途」を変えてみてましょう。

ロウソクだって、仏壇にあげるものや、アロマで使うもの、暗闇を照らすもの、というように用途によって売られています。

用途が変われば、ターゲットも変わる。

つまり、違った訴求ができます。

もちろん、セミナーの中身はそのままで。

「見せ方」を変えるだけです。

編集後記

今回は、セミナー集客のポイントをお伝えしました。

集客の成否を分けるのは、「中身」よりも「見せ方」です。

もちろん、中身は良いことは前提です。

しかし、料理が最高に美味しいレストランも、一度食べてもらわなければ、価値は伝わりません。

まずは、来てもらうための工夫をしてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる