労力ゼロ!セミナー集客を代行せずとも成功させる方法

セミナーを中心に商売をされている方、多いですよね。

  1. セミナー収益自体をメインにしている方
  2. セミナーを通じて、次なる商品・サービスを販売される方

といったように、セミナーのビジネス活用はよくされています。

しかし、問題になるのが集客ではないでしょうか?

セミナー開催したいけど、人が来ない

では、商売が成り立たなくなってしまいます。

そこで、今回は、労力をかけずに、自力で集客できるちょっとしたコツをお伝えします。

セミナー集客で最も重要なポイント

セミナーに人を集める際に、1番重要なのはなんだと思いますか?

知名度、セミナーの中身でしょうか?

いえ違います。

1番大切なのは、

セミナーとタイトルです。

ほぼ、タイトルで参加を決めます。

ですので、いかに魅力的で、”美味しそうな”タイトルをつける必要があります。

タイトルの見せ方を変える

現状セミナーの集客がうまくいってなければ、タイトルを変えてみてください。

それだけで、かなり集客は改善されます。

タイトルの考え方は、簡単です。

ターゲットの悩み+それを解決する方法

を示します。

〜が解決する〜の方法

というタイトルをつけます。

バリエーションを増やす

タイトルをつけたら、次にバリエーションを増やします。

用途を変えてみてましょう。

ロウソクだって、仏壇にあげるものや、アロマで使うもの、暗闇を照らすもの、というように用途によって売られています。

用途が変われば、ターゲットも変わるので、違った訴求ができます。

反応のあるものがわかるので、最初いくつか作るといいですね。

もちろん、セミナーの中身はそのままで。

見せ方を変えるんです。

編集後記

反応があるかは、中身よりも見せ方です。

いくら料理が美味しいレストランでも、看板で認知してもらい、その看板で興味を持ってもらえなければ、来店には繋がりません。

口コミや紹介で広がれば理想的ですが、その前にやるべきことがあるんですね。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで