会員制ビジネスのマーケティングで見るべき2つの数字

会員制ビジネスはとても魅力的ですよね。

なぜ魅力的かと言えば、継続課金モデルだからです。

営業やセールスはとても大切な業務ですが、大変なものでもあります。

しかし長期的にビジネスをされていくのであれば、ぜひ取り入れたいモデルです。

特に一人型ビジネス、スモールビジネスの方にはおすすめなんです。

大企業のように薄利多売のビジネスモデルでは、小規模事業は勝てませんからね。

スモールビジネスで大切なのは、お客様との関係性です。

規模が小さいからこそお客さんと濃密な関係を気づけます。

そして末永く一人ひとりのお客さんと取引が継続できます。

会員制ビジネスを成功させるポイント

スモールビジネスでも昨今、会員制ビジネスを取り入れるところが多くなってきています。

しかし多くの場合あることになります。

それはなかなか人が集まらない、人集めても継続してもらえないということです。

このようなことを、漠然と考えている人が結構多いんですね。

そして特に工夫もせずに、「やっぱり会員制ビジネスは難しいよね」と挫折してしまう方も多いのも事実です。

スモールビジネスにとって、会員制は最適なのに、非常にもったいないことです。

ではどのようにすれば会員制ビジネスがうまくいくのでしょうか?

答えは、分解して考えると言うことです。

ある2つの数字を徹底的に考えることで成績が改善します。

1つ目の数字:会員制への成約率

1つ目は会員制自体への成約率です。

会員制ビジネスをセールスしたときに、おおよそ何%の人が買ってくれるかということを継続しておきます。

ここへの成約率が悪いと、そもそもの会員が集まりませんから、スタートすらできません。

初めは、死に物狂いで集めるしかありません。

ブログ、Facebook広告、メルマガといったメディアを有効活用して、きちんと集客を行います。

いきなり会員制の集客が難しい場合は、まずはお試しという形で、とりあえず入会してもらえます。(割引価格で)

どんな手法をとるにせよ、まず入ってもらうことが重要です。

2つ目の数字:会員制の継続率

次に大切なのが、会員制にどれくらい在籍してくれるかと言うことです。

どのくらい継続してくれるかということです。

いくら新規の会員を集めても、みんながみんな辞めていってしまっては、商売として成り立ちません。

きっちりと、流出を食い止める施策をうたなければいけません。

これのシンプルな解決策は、交流をすることです。

もちろん商品やサービスの質を上げることも大切ですが、それよりも大切なのが会員との交流です。

定期的な接触が、会員の継続を促します。

何も直接対面で会う必要はありません。ソーシャルメディアを使った交流でもOKです。

「この2つの数字を上げるにはどうしたらいいか」

の視点で考えてみてください。

編集後記

とにかく物事は分解して考えます。

会員制ビジネスも同じです。会員制ビジネスで売り上げを上げるためにはどうしたらいいのか。

きちんと売り上げにつながる2つの数字を理解して、それを上げるための施策やアイデアを考えてみて下さい。

そして後はそれをテストするだけです。

基本を忠実に行ってきましょう。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで