メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【会員制ビジネスとは】スモールビジネスに最適なストックビジネス

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

ビジネスモデルには、大きく2つの種類があります。

  1. フロー型ビジネスモデル
  2. ストック型ビジネスモデル

の2つです。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

フロー型ビジネスモデル

フロー型ビジネスモデルとは、「お客さんが流れる」商売のことです。

(フローとは、「流れる」という意味です。)

要するに、お客さんとの付き合いが、

  • 基本的に、一回限り
  • 「売っては流れて、売っては流れて」を繰り返す
  • ビジネスモデル

ということです。

フロー型ビジネスモデルの例

  1. ウェブ制作会社のホームページ制作
  2. 美容室のカット、カラー
  3. 税理士の確定申告代行

などが、当てはまります。

もちろん、リピートは、あるかもしれません。

ですが、契約などをするわけではないので、収入が安定しません。

それに対して…

ストック型ビジネスモデル

ストック型ビジネスモデルとは、「お客さんを蓄える」商売のことです。

(ストックとは、「蓄える」という意味です。)

要するに、お客さんとの付き合いが、

  • 基本的に、何回も続く
  • 「積み上げ型」の
  • ビジネスモデル

ということです。

ストック型ビジネスモデルの例

  1. 携帯電話の代金
  2. スポーツジムの月会費
  3. 不動産の賃貸料金

などが当てはまります。

リピートが前提なので、一回販売すれば、あとは安定的に収入が得られます。

ですので…

「毎月、売上が心配…」

ストック型ビジネスモデルは、「毎月、売上が心配…」ということがありません。

なぜなら、

  • 月初めには、その月の売上がほぼ確定されている
  • 仮に、一切、新しい顧客を獲得できなかった
  • だとしても、一定の売上が確保されている

からです。

加えて、積み上げ型で、売上を上げていくことができます。

少しずつで良いから、毎月着実にお客さんを獲得していく。

そうすることで、3年後や5年後には、確実に売上が上がっていることが予想できます。

3年後や5年後には、確実に売上が上がっている?

その点、フロー型ビジネスモデル。

こちらは、3年後や5年後に、確実に売上が上がっているかは分かりません。

少なくとも、ストック型ビジネスモデルよりは、予想ができません。

なぜなら、積み上げ型では無いからです。

売っては流れるので、ずっと新規集客をしなければなりません。

事業が、続いてるかどうか

もしかすると、3年後や5年後には、新規集客ができなくなっているかもしれません。

  • 「売上が、上がってるかどうか」
  • ではなく
  • 「事業が、続いてるかどうか」

という話になってくる可能性が、あります。

家族を養っていけない?

極端な言い方ですが、

「ストック型ビジネスモデルじゃないと、将来的に家族を養っていくことができない」

とすら、言えるかもしれません。

  • 「でも、携帯電話やスポーツジムなんて始めることができない…」
  • 「スモールビジネスには、現実的じゃない…」
  • 「どうすれば、良いのだろう…」

スモールビジネスには、現実的では無い

  • 携帯電話
  • スポーツジム
  • …etc

といった、ビジネスモデル。

これらは、スモールビジネスにとっては、現実的では無いかもしれません。

どちらかというと、「スモール」ビジネスというか、「ビッグ」ビジネスですよね。

スモールビジネスに最適なストック型ビジネスモデル

  • じゃあ、何がスモールビジネスに向いているのか?
  • スモールビジネスに最適なストック型ビジネスモデルは、何なのか?

その選択肢の一つが、「会員制ビジネス」になります。

会員制ビジネスであれば、高額な投資資金は必要ありません。

会員制ビジネスの始め方

極端な話、月額課金の決済サービスが導入できる。

そうすれば、誰でも簡単に、会員制ビジネスを始めることができます。

  • 時間と共に
  • 売上が上がることが予想できる
  • 積み上げ型のストック型ビジネスモデル

「会員制ビジネス」であれば、将来的に家族を養っていくこともできるでしょう。

書籍を参考にしてみても、良いかもしれません。

編集後記

ストック型ビジネスモデルを、自分の商売に取り入れていく。

これに、早過ぎるということはありません。

ぜひ、「会員制ビジネス」を始めることを選択肢に入れてみてください。

あわせて読みたい
スモールビジネスのための、シンプルな会員サイトの作り方と運用方法 スモールビジネスのための、シンプルな会員サイトの作り方と運用方法
あわせて読みたい
労働集約型から、知識集約型へ移行するキーワードは、「ノウハウ化」 労働集約型から、知識集約型へ移行するキーワードは、「ノウハウ化」
あわせて読みたい
【LTVとは】計算方法や活用方法を具体例で初心者向けに簡単に解説 LTVとは、 Life Time Value ライフタイムバリュー 顧客生涯価値 と、解説されます。 でも、「顧客生涯価値」と言われても、よく分からないですよね。 小難しいことは横...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる