メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

【継続課金】会員制ビジネスの作り方5つのポイント

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「会員制ビジネスを始めたいけど、やり方がわからない…」

と、悩んでいませんか?

そんな方に向けて、即実践できる「会員制ビジネスの作り方」をまとめました。

本記事で紹介する5つのポイントを意識して、会員制サービスを考えてみてください。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

会員制ビジネスは、意外と簡単に作れる

私たちも、いくつかの会員制を運営しています。

「単発の売上ではなく、継続的な売上を確保したい」

そんな思いで、仮説検証を繰り返しながら、実践しました。

仮説検証と聞くと、難しい印象がありますが、そんなことありません。

意外と簡単に作れます。

脱毛サロンに、ヒントあり

会員制ビジネスについて考えるとき、脱毛サロンは参考になります。

脱毛サロン?なんで?

疑問に思う方もいると思います。

しかし、そのビジネスモデルを見ると、勉強になります。

とある脱毛サロンのチラシ

先日、仕事から帰宅し、いつものように郵便ポストをチェックしたときのこと。

郵送物の中から、美人なお姉さんの写真が載った、チラシを発見しました。

そのチラシは、脱毛サロンのチラシでした。

脱毛サロンの宣伝は、日々電車でも目にしますよね。

私の女友達も、皆こぞって通っています。

チラシに書かれていた魅力的な提案

そして、私はそのチラシを一通り見ました。

すると、ある文言が目に留まります。

  • 契約期間なし!
  • 通い放題の安心保証!
  • 全身脱毛 月額7,500円

私自身、昔から、脱毛サロンのビジネモデルには着目してました。

継続課金のビジネスモデルとしては、とても進んでるんですね。

「通い放題」というオファー

  • 契約期間なし
  • ずっと通い放題

これは、脱毛で悩む女性にとって、魅力的なオファーですね。

  • 「いつもで通える」という権利を与える
  • その代わり、毎月固定で利用料金を徴収する

この仕組みです。

まさに、会員制ビジネスの参考例ですね。

定額サービスは、今や主流

「会員になって月額◯◯円払えば、使い放題」

これが、継続課金モデルの定石となっています。

◯◯放題のサービスは、身の回りで目につきますよね。

  • Amazonプライム
  • Netflix
  • Spotify
  • Apple Music

挙げればキリがありません。

サブスクリプション

こうした定額サービスは、サブスクリプションと言われます。

サブスクリプションについて解説された書籍も、たくさん出版されています。

スモールビジネスで、よくある継続課金

さて、スモールビジネスはどのように実践すればいいのでしょうか。

スモールビジネスでよくある継続課金のパターンは、

  1. 顧問契約
  2. コンサルティング契約
  3. ウェブサイトの管理料
  4. オンラインサロンの会費

このあたりですね。

さらに、実践している人は…

ビジネスを加速させている方は、さらにしっかり実践しています。

例えば、

  1. 毎月、ニュースレターを送る
  2. 毎月、DVDを送る
  3. 毎月、動画を配信する
  4. 毎月1回、セミナーをする
  5. 会員が集まる機会、場所を作る

こうしたメニューを提供しています。

ここまで来ると、より会員制ビジネスっぽくなりますね。

あわせて読みたい
ストックビジネスとフロービジネスモデルの例と違い ビジネスモデルには、大きく2つの種類がある。 フロービジネスモデル ストックビジネスモデル の2つだ。 【フロービジネスモデル】 フロービジネスモデルとは、お客さん...

会員制ビジネスモデルの2つの前提

会員制ビジネスを作る上で、大切な前提があります。

  1. 「モノ」を売るのではなく、「権利」を売る
  2. LTV(顧客生涯価値)の最大化

この2つを意識することが、大切です。

「モノ」を売るのではなく、「権利」を売る

会員制ビジネスで売るには、「権利」が一般的です。

そもそも会員制とは、「会員になれる権利」ですからね。

  • モノを使える権利
  • 情報にアクセスできる権利
  • ヒトに会える権利
  • 場所を利用できる権利
  • …etc

「権利」を中心に考えましょう。

LTV(顧客生涯価値)の最大化

LTVは、ライフタイムバリューのことです。

1人のお客さんが、生涯でどれだけお金を使ってくれたか。

この指標が、LTVです。

会員制ビジネスをうまく運営すれば、LTVは自然と高くなります。

スモールビジネスは、薄利多売ではありません。

末永いお付き合いを前提として、仕組みを作る必要があります。

前提を踏まえた上で、会員制を作る

  1. 「モノ」を売るのではなく、「権利」を売る
  2. LTV(顧客生涯価値)の最大化

この2つを踏まえた上で、会員制ビジネスを作ります。

前提を理解せずに会員制ビジネスを始めると、勝率が下がってしまいますからね。

会員制ビジネスを作る5つのポイント

ではここから、「会員制ビジネスを作る5つのポイント」をお伝えします。

  1. 「◯◯放題メニュー」を考える
  2. 期間を決める
  3. 金額を決める
  4. 「お試し入会」を用意する
  5. 交流の場を考える

この5つです。

1つ1つ見ていきます。

 

1.「◯◯放題メニュー」を考える

「◯◯放題のメニューを考えてみましょう。

  • コンテンツの見放題
  • コンサル受け放題
  • ウェブ制作し放題
  • 相談し放題
  • 施術し放題
  • 会議室を使い放題
  • …etc

このように、◯◯放題のアイディア自体は湯水のように出てきます。

実現可能性は置いておいて、まずはアイディアが重要です。

2.期間を決める

次に、会員でいられる「期間」を決めます。

  • 3カ月会員
  • 6ヶ月会員
  • 1年間会員
  • 永久会員

このように、期限を付けてみましょう。

永久会員とは、はじめに一括でお金を払えば、ずっと会員でいられるというパターンです。

3.金額を決める

続いて、金額です。

「月々5,000円で、◯◯放題」のように、会費を決めましょう。

複数のプランを用意するものいいですね。

  • Aプランは、月額1,980円
  • Bプランは、月額4,980円
  • Cプランは、月額7,980円

例えば、上記のように提案できます。

この場合、人間心理的に、「真ん中」を選ぶ人が多くなります。

売りたいプランは、「真ん中」に置きましょう。

あわせて読みたい
クレジット決済サービスの定番!PayPalの具体的な使い方 【PayPalとは】 PayPalといえば、クレジットカード決済サービスとして有名なサービスですね。 国内のみならず、海外でも利用されているサービスなので、1億5000万人以上...

4.「お試し入会」を用意する

どんなに魅力的な会員制でも、いきなり入会するのは、不安です。

そんな気持ちを汲み、「お試し入会」を用意します。

  • 最初の1ヶ月は無料
  • 最初の1ヶ月は半額

世の中のあらゆる会員制で、「お試し」は採用されています。

「気に入らなかったら、返金します」と伝えるのもいいですね。

お金が返ってくるので、実質無料お試しになりますからね。

5.交流の場を考える

最後に、「交流できる場所」を考えましょう。

  • 食事会
  • イベント
  • 勉強会

こうした交流があると、会員さんたちには、「帰属意識」が芽生えます。

「自分は、このコミュニティの一員だ」と感じてくれるんですね。

そうなると、会員制の雰囲気は、かなり良くなります。

まずは全体像作って、やりながら改善

以上5つのポイントをお伝えしました。

会員制ビジネスを作ること自体は、難しくありません。

まずは、自分の会員制サービスの全体像を作ってみましょう。

細かい部分は、運営しながら改善するのがおすすめです。

あわせて読みたい
フローで売上を立てている内に、ストックビジネスを育てておく 「それはちょっと勘弁してもらえませんか!?」 来月末で契約を打ち切ると言われた佃航平は、取引先に懇願する。 池井戸潤の小説を原作としたドラマ「下町ロケット」の1...

編集後記

スモールビジネスは、関係性ビジネスです。

1人のお客さんと、長くお付き合いする。

これが、小商いが生き残る道です。

その観点から考えれば、会員制ビジネスは非常に魅力的ですね。

あわせて読みたい
スモールビジネスのための、シンプルな会員サイトの作り方と運用方法 スモールビジネスのための、シンプルな会員サイトの作り方と運用方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる