fbpx

「金持ち父さん 貧乏父さん」の内容を、1行で要約すると、結局コレ

金持ち父さん 貧乏父さん、有名ですね。

あなたは、読んだことがありますか?

今回は、「金持ち父さん 貧乏父さんの内容のキモ」をご紹介します。

金持ち父さん 貧乏父さんのキモ

「金持ちは資産を買う。中流の人間は資産と思って負債を買う。」

ロバート キヨサキ『金持ち父さん貧乏父さん』(筑摩書房,2000)

金持ち父さん 貧乏父さん」のキモは、以上です。

シリーズでは終始、その説明と「じゃあ、どうすればいいのか」を解説しています。

資産と負債の違い

資産と負債の違いは、「収入を生む(資産)」か、「支出を生む(負債)」かです。

ローンを組んで、家や車を買っても、支出を生みますが、収入を生みません。

つまり、ローンで買った家や車は、資産ではなく、負債だということです。

資産が生む収入で贅沢品を買う

ぜいたく品を買う前に、資産(株や債権、不動産など)を買うんですね。

家や車、時計、服や靴などのブランド物、高級家電などの贅沢品は、資産が生んだ収入で買う。

いわば、ご褒美です。

メディアによる消費欲求喚起に踊らされずに、コツコツと取り組んでいきたいものですね。

編集後記

今回は、「金持ち父さん 貧乏父さんの内容のキモ」についてご紹介しました。

スモールビジネスは、資産をつくる最適解でしょうね。

参考にしてみてください。