ステップメールの書き方−メルマガとの組み合わせで商品を売るコツ

ステップメールは聞いたことありますか?

マーケティングを学ばれている方であれば、なじみのある言葉だと思います。

ステップメールは何かといえば、あらかじめシナリオを設定して決められた日時に自動配信される仕組みです。

一旦設定すれば自動でお客さんにメールを送ってくれます。

ステップメールの実情

果たして、ステップメールは施策として有効なのでしょうか?

「ステップメールはやるべきだ」

と様々なところで歌われていますが、その効果はいかがなものでしょうか。

残念ながら、単に自動でメールを送っているだけでは商品・サービスは売れていきません。

せっかく骨折ってメール文面を書いても、読んでくれないことのが多いんです。

読まれなければ当然売れていきませんね。

売れるステップメールを書くために必要なこと

では、ステップメールはどのように書けば良いのか。

その答えは簡単です。

ステップメールをセールスと考えるのではなく、信頼構築の手段とするのです。

ステップメールを7通送るとします。

通常、その7通の中で商品を売ろうとします。

もちろん、提案はするべきですが、提案をメインでは考えません。

必要となるのが無料オファー

ここで覚えておくべきなのが、無料オファーの考え方です。

無料オファーとは、見込み客の連絡先を貰うためにプレゼントする情報や商品です。

「これは無料であげるから、そのかわり連絡先教えてよ」といった感じです。

ステップメールの書き方はこう考える

ステップメールの書き方は、実にシンプルです。

無料オファーを使ってもらうことに注力します。

無料オファーを手にとって、きちんと活用してもらうことを第一目標にします。

ステップメールは何通必要か

この質問も良くいただきます。

答えは、

何通でも構いません、

無料オファーをきちんと使ってもらって、信頼関係を築けていれば、本数は関係ありません。

・無料オファーをちゃんと使えてもらえて
・商品、サービスを選ぶときの判断基準を伝える

ここが、重要ですね。

販売を行うのはメルマガ

「え、じゃステップメールじゃ結局商品が売れないやん」

と感じた方もいるかもしれません。

大丈夫です。メルマガという手があります。

メルマガは、ステップメールと違い、その都度書いて送る形式です。

ステップメールで情報提供を行ったら、その方たちはメルマガ読者になってくれます。(すでにメールアドレスは登録されているので)

要は、いつだって提案機会はあるんです。

売り急ぐことはありません。

売れるなら、ステップメール上で売ったほうがいいですが、売れなくても心配ありません。

定期的なメルマガでの接触の中で、提案してみて下さい。

編集後記

ステップメールは、手段です。

送ることが目的ではありません。

ぜひ、今回のポイントをもとにステップメールを活用してみてみてくださいね。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで