セミナーのスライド資料作成・デザインに役立つ本を紹介

どんな業種であれ、セミナーを商売に取り入れている方は多いのではないでしょうか?

自分の台本にもなる、スライド資料を作るとき、どのようにしていますか?

何か参考にしていますか?

今回は、セミナーやプレゼンで必要となる、PowerPointやKeynote等のスライド資料作りのポイントをお伝えします。

スライドをどう作るか

スライド作りについては悩みますよね。

もちろん、構成についても悩みますが、デザイン面も時間がかかります。

  • 色のバランス
  • 文字の大きさやフォント
  • 図形の配置
  • 画像の添付
  • グラフの見せ方

と、デザイン面で多くの考えるべきポイントがあります。

しかし、ご安心ください。

今回、それを助けてくれる書籍を紹介します。

スライドデザインにおすすめの書籍2選

紹介する書籍は2つあります。

どちらも、わかりやすく、今日から取り入れられるデザイン方法を教えてくれています。

一生使える見やすい資料のデザイン入門

入門書と書いてありますが、これだけで十分です。

デザインの基本的な概念から、きれいに見えるデザインの技といった具体的な内容まで網羅されています。

まずは、このデザインを真似てみるのもいいと思います。

一生使える見やすい資料のデザイン入門

効率よく作れて、パッと伝わる 一番シンプルな資料作成術

こちらは、隠れ本って感じです(笑)。

認知度は1つ目の書籍ほどはありませんが、内容は素晴らしいです。

自分もこの書籍から沢山の学びを得ました。

ボリュームをそこまではありませんが、シンプルに最低限にまとまっています。

効率よく作れて、パッと伝わる 一番シンプルな資料作成術

編集後記

「デザインでどうしよう」

って考えていると、結構時間食ってしまうんですよね。

ぜひ、上記2冊を参考にして、まずは真似てみてください。

実際の今のプレゼン、セミナー資料に反映できる技や見せ方が盛り沢山ですよ。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで