Zoomでの会議でiPhone(スマホ)の画面を共有する方法

会議やミーティング、コンサルティングの際に、Zoomを使う人は多いですよね。

いまや、Skypeよりも主流なビデオ会議ソフトになっています。

Zoomでは、

・ミーティング録画
・画面の共有
・ホワイトボード共有

といった便利な機能があります。

特に画面共有機能は便利ですよね。

自分のパソコン画面を共有して相手側に説明する

といったことができます。

実際に動いている画面を見ながら説明を聞くことで、一気に伝わりやすくなります。

さらに、Zoomではパソコンだけでなく、自分のiphoneの画面を共有することもできるんです。

ZoomではiPhoneの画面を共有できる

ミーティングをしていると、何か説明する際に、

「自分のスマホのディスプレイを見せながら説明したい」

という時もあるかと思います。

大丈夫です。Zoomではそれができます。

やり方は簡単です。

  1. まずは、パソコンでZoomのアプリを開きます。
  2. 次に、「画面の共有」をクリックします。
  3. 「iPhone/iPad via AirPlay」を選択します
  4. iPhone側のコントロールセンターを呼び出し、「画面ミラーリング」をタップします

これでiPhoneの画面がZoom上に表れます。

うまく共有できない場合の対処法

あれ、うまく共有できないという場合もあるかと思います。

そんな時は大抵以下の2つのパターンです。

Zoom上に、「iPhone/iPad via AirPlay」の拡張機能、アプリが入っていない

これは簡単です。

上記の手順通り進めることで、勝手にインストールの画面に進んでくれます。

画面の案内に従って進めれば、解決します。

パソコンとスマホが違うWifi環境にいる

お使いのパソコンと、共有したスマホのWifi環境は同じにしてください。

異なるWifiだと、画面共有は行なえませんので注意して下さい

編集後記

今回は、パソコンでZoom会議をしながら、自分のiPhoneの画面を共有する方法について解説しました。

スマホ上での操作説明、アプリのデモンストレーションなどに便利そうですね。

ぜひ、お試し下さい。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで