ウェブ集客を成功の秘訣はウェブから離れること

ブログやFacebook、Twitter、YouTube、Instagramなどのメディアの広がりにより、オンラインツールのビジネス活用が進んでいます。

今後は1人が最低1つのメディア持ち、誰もが発信源になりえます。

あらゆるツールを自分のマーケティング、集客に活用しようと多くの人が勉強します。

ブログのキーワード戦略
Facebookの友達の増やし方
Twitterでの記事の拡散方法
Instagramでの認知拡大

いわゆるノウハウというもの勉強します。

しかし一生懸命こういったノウハウを学んでも、現実的な数字に表れない方も多いのも事実です。

毎日記事を書いているのに、Facebookに投稿もしているのに、売り上げにはつながらない。

文章力がすごくあるのに、お客さん獲得にはつながらない。

こういった事はよくあることです。

その原因はなんなのでしょうか?

時間ばかりが過ぎていく

ブログを書くことや、FacebookやTwitterに投稿することは、それなりに時間を要します。

書いたりする前に、考えるという行為がありますからね。

自分の貴重な時間と労力を費やしたのに、結果が伴わなければ、本末転倒になります。

「一生懸命情報発信しているのに、うまくいかない」

こういった事は多くの方が陥る罠です。

この罠に陥らないためには、ある考え方が重要です。

それは、ウェブを使った集客やマーケティングのそもそもの目的を考えることです。

ウェブは何のために使うのでしょうか?

それはマーケティングの生産性向上のためではないでしょうか。

生産性の向上とは、投入する時間やお金を減らして、最大限の効果を出すということです。

それなのに、ブログを書くことやSNSでの情報発信に毎日追われていては、時間は蝕まれて行きます。

時間は貴重です。こんな事は言うまでもありません。

生産性の向上、効率化のためにウェブを使っているのに、ウェブに踊らされているようではなかなか集客もうまくいきません。

ウェブ離れが成功へ一歩

ウェブに惑わされずしっかり成果を出すためには、ウェブから離れることです。

少し逆説的に聞こえると思います。

どういうことかと言うと、
労力や時間を費やす部分を最低限に絞って、効果を最大限にするということです。

キーワードは、仕組み化になります。

仕組み化を前提にウェブ集客を学んでいかないと、ずっとテクニックを追い続けることになります。

そうなると、新しいトレンドや手法に迷ってしまい、本当の稼ぎ頭である仕組みをないがしろにしてしまうことがあります。

まず先に作るべきは稼げる仕組みです。

  • 認知した人が
  • それを必要だと感じて
  • それを欲しいと思い
  • ほかの選択肢の比較して
  • やっぱりこれだ

と思うプロセスを、予め組んでおくことです。

プロセスを自動化しておくんですね。

そうすることで、再現性が上がります。

色々テストをしていくのは、仕組みが整った上での話です。

編集後記

仕組みを作ることで、ウェブから距離を置けます。

がむしゃらに情報を入手して、手当たり次第試すということをしなくて済みます。

そうすることで、新たな時間が生まれます。

ウェブの仕組み化を行うことで、ウェブに日々の時間を忙殺されることがなくなり、集客もうまくいくようになります。

情報に少し混乱されている場合は、ぜひ全体の集客プロセスから考えることを始めてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで