fbpx

ウェブマーケティングの注意点!コンサルタントも知らないたった1つの法則

ウェブマーケティングを軌道にのせる方法。

それは、「魚を覚える」のではなく、「魚の釣り方」を覚えることです。

スモールビジネスオーナーの中には、ウェブマーケティングを知り尽くしている方もいます。

ウェブツールを使いこなし、一人でガンガン進めていける方もいます。

しかし、それはほんの一部です。

知識はあっても、実践ができない

ほとんどの方は、知識やノウハウは持っていても、実践ができていません。

「おれは結構できるよ」

とお思いの方は、だいぶ上位層です。

大多数は、ウェブマーケティングの実践ができません。

手法は知っているけど、形にできない

  • ブログ
  • メルマガ
  • ステップメール
  • ランディングページ
  • プロダクトローンチ
  • ウェブセミナー

これら、名前や有用性は知っている。

でも、肝心の実装はできないわけです。

ウェブマーケティングで必要なスキル

ウェブでの集客を実現する方法。

それは、「知っている」状態から、「形にできる」状態にしなければなりません。

前述の通り、多くの人は実践できていません。

初心者こそ、チャンス

であれば、ここにウェブ初心者にもチャンスがあります。

ウェブに詳しい人だけが、どんどん成果を出す世の中。

これは、少し前の話です。

現在は、誰でもウェブを使いこなせるツールが整い始めました。

ウェブに強い人しか実践できない時代から、ウェブ初心者でも、実践できる時代に変わったわけです。

代表的なものとして、ペライチというランディングページ制作ツールがあります。(詳しくは調べてみてください)

ツールが簡単にしてくれる

  • ブログ
  • メルマガ
  • ランディングページ
  • ステップメール
  • ネットショップ
  • 予約システム
  • 決済サービス

といった、ウェブ集客に必須のツールを揃えるのに、特別な知識は不要です。

ツールが、簡単にしてくれています。

となると、どこで差がつくのでしょうか。

集客の明暗の分かれ目

それは、しっかりと全体の仕組みが作れるかということです。

ツールが出てきて、部分については、みんな揃えられるようになりました。

でも、部分的に頑張っても、集客はうまくいきません。

魚を覚えるか、魚の釣り方を覚えるか

冒頭の比喩に話を戻します。

「魚を覚える」のではなく、「魚の釣り方」を覚える。

ウェブマーケティングで当てはめれば、

  • 魚 = 部分のテクニック
  • 釣り方 = 全体の仕組み

ということになります。

老子の言葉

老子の言葉にも、こうあります。

「人に魚を与えれば1日で食べてしまうが、釣りを覚えれば一生食べていける」

魚があれば、一時的には腹を満たせるが、それ以降は満たされない。

魚の釣り方を覚えれば、自分の手で一生腹を満たせる。

部分ではなく、全体のスキル

ブログやソーシャルメディア等の、ノウハウを学ぶ。

しかし、全体設計が整っていなければ、売上には結びつきません。

ブログを書いてアクセスを集めても、その後の流れが構築されていなければ、アクセスは水泡に帰しますね。

個々のテクニックに走ることは刺激的で、楽しいことです。

ですが、全体設計ができていなければ、結局のところ、成果は出ません。

全体の導線を構築する

このは屋では、常に全体設計(導線設計)を意識しています。

  • ブログをやるからには…
  • メルマガをやるからには…
  • ランディングページを用意するからには…

全てが、1つの線で繋がって初めて意味が出てくるのです。

ここの導線設計力があれば、何をやってもうまくいきます。

一生食えるスキルを見極める

ブログのノウハウだけを持っていても、ブログがなくなったら、死んでしまいます。

導線の設計スキルがあれば、ブログがなくなっても、ご飯を食べていけるわけです。

ぜひ、魚の釣り方を先に身につけていきましょう。

手法やテクニックが稼がせてくれるわけではありません。

仕組み作りというスキルが、本当の稼ぐチカラになります。

(参考:ウェブサイトの導線設計 | ユーザーをコンバージョンさせるには?

編集後記

このは屋では常に、再現性というものを意識しています。

ノウハウや手法は、寿命が長いからこそ、価値があります。

いちね年後に使えるかどうかわからないテクニックに心血注ぐよりも、一生使える力を身につけていけるといいですね。

この記事への反響

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで