ウェブ集客の仕組み化してもすぐに商品が売れない理由【ネット上での信頼が必要】

「できれば最短でネットから稼げるようになりたいです。」

こういったお問い合わせが多いですが、ウェブから短期的に売上を上げるのは、その人の元々の影響力だったりその業界での信頼がない限りは厳しいです。

ネットで商品を売るにはある程度の属人性は必要です。商品やサービスはありふれているので、みんな「だれ」から買うのかを重要視してきています。

それで、この状態になるにはネット上で直に合っていなくても、ひそかに信頼されている必要があります。

地道に各メディアを通して情報発信していくなかで、信頼が生まれます。

なので、短期的に売上を上げるには、その人の元々の影響力だったりその業界での信頼がない限りは厳しいですね。

今回は、ネット上で信頼を得る方法をご紹介します。

エアーバンドでも問題ないのはファンに認められているから

「ゴールデンボンバー」というバンドをご存知でしょうか?

ゴールデンボンバーとは、シングル「女々しくて」がCMで使われたのをきっかけに、一世を風靡したヴィジュアル系バンドです。

そして、楽器の演奏を全くしないエアーバンドという新しいスタイルのバンドです。

楽器演奏自体はプロがしたものを録音し、演奏の際にiPodでながしているそうですね。

楽器を演奏しない変わりに ギターソロでスイカを早食いしたり、溶接をしたりとかなりキャラが立ったバンドですが、楽器を弾いていないことでゴールデンボンバーに否定的な反応を見せる人が多かったです。

しかし、冷静に考えてみるとと必ず本人が楽器演奏をしなければいけないなんてルールは音楽にないですよね。

そもそも、歌自体はボーカルの鬼龍院翔さんがオリジナルで作詞・作曲しているので、何ら問題はないです。

例え、演奏しているふりでも、ファンが期待しているのはゴールデンボンバーのメンバーがステージに立っていることですからね。

これって、「この人たちの音楽を聞きたい。」と思わせたもん勝ちだということ証明しているということです。

実際にゴールデンボンバーは、一時期に比べテレビの露出はかなり減ったものの、固定のファンがいるのでライブ活動が出来ている訳です。

これは、過去のテレビやライブ活動、YouTubeなどから、ゴールデンボンバーに対しての信頼が生まれているからですね。

色んな要因があると思いますが、音楽や世界観に対する共感であったり、動画で馬鹿らしいことをやっている姿にほっこりしたりとメンバーの裏側を知っているのもあると思います。

なので、ファンからしたら、もはや歌が聞ければいいので楽器を弾いてないことなんて、もはやどうでもいいことなんですね。

そして、これはウェブでも同じなんです。

「あなたから商品を買いたいです。」状態になるには?

ウェブ集客の「集客 > 育成 > 販売 > 維持」の仕組みを構築し、商品が売れないという方の中には、すぐに成果を求める方が多いです。

育成フェーズのステップメールからの、販売フェーズのランディングページで商品・サービスが売れなかった=失敗と判断している為ですね。そう判断するのは、少し早いように感じます。

導線って言葉を使っているからか、初見で自動的に商品が売れていくといったイメージを持たれている方が多いですが、まず他の比較されることが多いのでステップメールからは売れないでしょう。(よほど、ランディングページがユーザーの琴線に触れれば別ですが。)

商品・サービスが売れなかったのは、今は買う段階でなかった、他も見てみたい(競合)、商品・サービスの良さがわからなかった…etcなどですね。

理由は数あれど、その段階ではいまいち信頼されていなかったということです。

ここで、ゴールデンボンバーの話を思い返してください。

ゴールデンボンバーは、過去のライブでの活動とYouTubeなどから信頼があるから固定のファンがいます。

また、いきなり売れたという訳ではないでしょう。地道な下積み時代があったといいます。

なので、皆さんも地道に集客のフェーズで集めたリストに対して、メルマガを配信して、地道で信頼を集めていきましょう。

私もいくつかメルマガを購読していますが、「この人の商品やサービス、気になるな〜。どんなことしているんだろう。」ってなる方は、毎日メルマガを配信しています。

しかも、毎回同じ時間に来るので、いつの間にかその方のメルマガを見るのが、楽しみだったりもします。

そこから感じた事として、信頼という見方もありますが自分の商売のファンにさせるという見方もあります。

そこで、「あなたから商品を買いたいです。」状態になり、商品・サービスが売れやすくなります。

ゴールデンボンバーは、年に1回ペースで新曲をリリースしますがファンであればCDを買う、もしくはYouTubeで新曲をきいてライブに参加するはずです。

ウェブ集客において、リストを集めてからどうやってファン化させるかが力の入れどころですね。

リストに対してFacebook広告を出稿できるので、また別の無料オファーを案内するも良しですし、メルマガから更新したブログ記事やYouTube動画へ誘導して定期的に自社のコンテンツに触れてもらうのも良しです。

ブログやYouTube動画も定期的に更新していることで、信頼にも繋がります。

メルマガを活用して以下に「維持」させるかが重要です。なので、読んでもらう為の工夫は試行錯誤する必要がありますね。

編集後記

今回は「ウェブ集客の基本とは |仕組みが出来てもいきなり商品が売れない理由」についてお伝えさせて頂きました。

ウェブに限ったことではないですが、何をするにも成果を出すのは地道だということですね。

ちなみに、メルマガの文章で効率的にブログ記事やYouTube動画に誘導する方法は以下に記事で解説しています。

メルマガの書き方|文章でブログ・動画・LPに効果的に誘導するコツ

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで