WordPressブログにプロフィールを設置するメリットとは。

「自分のブログを差別化したい」
「ブログに人感を出したい」
「自分のブログ記事をなるべく多いの人に読んだもらいたい」

今回は、このような悩みを抱えているスモールビジネスオーナーに向けてお送りします。

エアーバンド「ゴールデンボンバー」の話から「WordPressのプロフィール欄設置」について解説いたします。

それでは、早速内容に入ります。

エアーバンドでも人気な訳

「女々しくて、女々しくて、女々しくて!辛いよー♪」

このフレーズが人々の印象的でシングル「女々しくて」で、一世を風靡したバンドといえばゴールデンボンバーですね。

このゴールデンボンバーは、楽器の演奏を全くしないエアーバンド。

ボーカル鬼龍院翔いわく、ギターの喜屋武豊がギターが一向に上手くならず、潔く楽器演奏を辞めてしまったそうです。

楽器を演奏しない変わりに ギターソロでスイカを早食いしたりと、普通クールに楽器を演奏する一風変わったヴィジュアル系バンドです。

「楽器を演奏しないなんてありえない。」
「だってこのバンド、楽器演奏してないじゃん。」

と、ゴールデンボンバーに否定的な反応を見せる人が多かったですが、この意見には正直違和感をもっていました。(けっこうファンだったのもあるんですが。)

必ず本人が楽器演奏をしなければいけないなんてルールは音楽にないはずですね。

そもそも、歌自体はボーカル鬼龍院翔がオリジナルで作詞作曲しているので、バンドとして演奏してなくても物珍しさはたしかにありますが、バンドとしては何ら問題はないです。

楽器演奏自体はプロがしたものを録音し、演奏の際にiPodでながしているそうです。

こういった手段があれば、少なくとも作詞作曲でオリジナル曲さえ良ければ、音楽として成立すると思います。

例え演奏しているふりでも、ファンが期待しているのは、鬼龍院翔と喜屋武豊、歌広場淳、樽美酒研二がステージに立ってさえいれば良いわけです。

この人たちの音楽を聞きたい。と、思わせたもん勝ちですよね。

楽器を演奏しないぶん、一風変わった楽曲と笑いで他のヴィジュアル系バンドと差別化し、テレビの露出は減ったものの、固定のファンが多いです。

これって、ウェブでも同じなんです。

この人から情報を受け取りたい!と思わせる工夫

ウェブで情報発信をする際に、同じようなことをすでにブログとして発信していることが大半ですね。

例えば、私が日頃情報として発信していることはウェブです。WordPressやウェブツールの解説記事ですね。

ですが、この情報、すでに多くの方がブログ記事として情報発信している分野なんです。自分じゃなくても、情報を受けとる先は複数ある訳で、その中でいかにこの人から情報を受け取りたいと思わせるかが重要です。

その工夫の一つとして、ブログ記事にプロフィール文と人柄がわかる画像を配置しましょう。今回はWordPressでプロフィールを配置する方法を解説します。

今のWordPressテーマは、機能が充実しているのでプロフィールをデフォルトで設定可能です。

テーマによってはそういった機能がないこともあるので、その場合、以下の2つのプラグインを導入してみてください。

投稿者を表示させるプラグイン!Fancier Author Boxの設定方法

プロフィール画像を簡単に設定!Simple Local Avatarsプラグインの使い方

意外と簡単に設定可能です。

あとは、最近多くのブロガーを見ていると、プロフィール専用のページを固定ページで作成していますね。

過去の経歴、実績、理念などをかなり長文で記載しています。場合によっては、幼少期のころの様子をのせていて、どんな子供時代だったのかを載せている方もいます。

こういった情報を見てその人物に対して、共感であったり親近感が湧いてきますね。

場合によっては、この人から情報を得たい、この人の商品を購入したい、サービスを受けたい、となるきっかけになります。

何がきっかけとなるかわからいので、漫画が好き、ゲームが好き、バンドが好きなどパーソナルな部分を出してみてもいいですね。

あと、プロフィール写真も忘れずに設定しましょう。

顔写真が苦手なら、ブロガーのちきりんさんのように、イラストでもいいかもですね。

設置したからって、劇的な効果があるってわけではないですが、こういったプロフィールがあると人感がでて安心しますよね。

ウェブだからこその工夫だと思います。

編集後記

今回は「WordPressブログにプロフィールを設置するメリットとは。」についてお伝えさせて頂きました。

私も、プロフィールに漫画のハンターXハンター、ラーメンなどのキーワードをいれていたことがあります(笑)

ぜひ、ご参考にしてくださいね。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで