fbpx

長時間のセミナー撮影におすすめ!SDカードの選び方

長時間のセミナーや、講座、ワークショップ等の際に撮影をしたいことありますよね。

今回の記事は、そんな時に準備すべき、SDカードについてお伝えします。

1、2時間のセミナーであれば、通常のカメラやスマートフォンでも撮影は可能です。

しかし5時間を超えるセミナーでは、容量が足りなくなることがあります。

容量が足りなければ、途中で映像が切れてしまう可能性があります。

それではせっかくの撮影が台無しになってしまいますよね。

どうすればいいのでしょうか?

長時間のセミナー撮影ではSDカードを使う

セミナーを撮影には、SDカードを使いましょう。

カメラの内蔵メモリだけでは限界があります。

元々の内蔵メモリで32GBくらいあるカメラも多く出ていますが、長時間のセミナーの場合は、容量が心配です。

さらに、セミナーや講座の動画は、後に編集することもあると思います。

SDカードがあれば、カメラからパソコンに手軽に移動できるようになります。

そして、SDカード使えば、撮影時間を伸ばすことができます。

時間別に選ぶSDカード

SDカードは既に持っている方も多いと思います。

今回はセミナー撮影の観点から見た、SDカードの選び方をお伝えします。

SDカードといっても、メモリの容量によって価格が変わってきますよね。

そこで、目安となる撮影可能時間を知っておきましょう。

長時間のセミナーを撮影する前提で説明しますね。

  • 16GB:2時間半程度
  • 32GB: 5時間程度
  • 64GB: 10時間程度

それぞれの容量と、撮影可能時間なります。あくまでもこちらは目安となります。

セミナーを撮影する場合は、32GB以上を購入しておくと便利です。

心配な方は、黙って64GBにしましょう(笑)。

ちなみに、上記の時間は、フルHD(フルハイビジョン)で撮影した場合です。

4K動画はきれいですが、重いデータになるため、長時間の撮影にはおすすめできません。

SDカードは転送速度も確認しましょう

SDカードには、転送速度というものがあります。

分けると、

  • スピードクラス
  • UHSスピードクラス
  • ビデオスピードクラス

の3種類があります。

主に見るべきのは、スピードクラス、UHSスピードクラスです。

スピードクラスには、

  • Class2:最低転送速度2MB/秒
  • Class4:最低転送速度4MB/秒
  • Class6:最低転送速度6MB/秒
  • Class10:最低転送速度10MB/秒

の4つのタイプがあります。

セミナー動画であれば、Class10がおすすめです。

UHSスピードクラスには、

  • UHS Speed Class1:最低転送速度10MB/秒
  • UHS Speed Class3:最低転送速度が30MB/秒

というタイプがあります。

セミナー撮影では、UHS Speed Class1以上を選ぶようにしましょう。

編集後記

長時間のセミナーを撮影する場合は、少なくとも1枚はSDカードが欲しいですね。

予算の関係もあるかと思いますが、セミナーや講座の撮影を頻繁に行う場合は、必須ツールですね。

今回の情報を基準にしていただき、SDカード選びの参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで