メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【長時間の動画の記録】セミナーや講座の撮影に最適なSDカードとは?

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

長時間の動画を、撮影したいことありますよね。

  • セミナー
  • 講座
  • ワークショップ
  • YouTube動画
  • …etc

スモールビジネスであれば、仕事上、必要になることもあるでしょう。

今回は、そんな時に準備すべき、SDカードについてお伝えします。

とくに、長時間のセミナー撮影に絞って、お伝えします。

目次

長時間だと、容量が…

1〜2時間のセミナーであれば、かろうじて、カメラ本体に保存できるでしょう。

しかし…5時間を超える動画はどうでしょう。

間違いなく、容量が足りません。

途中で映像が切れてしまう

容量が足りなければ、途中で映像が切れてしまう可能性があります。

それでは、せっかくのセミナー撮影が、台無しになってしまいますよね。

どうすればいいのでしょうか。

SDカードを使う

結論、SDカードを使いましょう。

カメラの内蔵メモリだけでは、限界があります。

内蔵メモリで32GBくらいあるカメラも多く出ています。

それでも、長時間の動画となると、容量が心配ですよね。

でも、SDカード使えば、大丈夫。

時間別に選ぶSDカード

SDカードは、既に持っている方も多いと思います。

SDカードといっても、メモリの容量によって価格が変わってきますよね。

そこで、目安となる撮影可能時間を、知っておきましょう。

長時間のセミナーを撮影する前提で、説明しますね。

セミナー撮影なら、32GB以上がおすすめ

  • 16GB:2時間半程度
  • 32GB: 5時間程度
  • 64GB: 10時間程度

それぞれの容量と、目安の撮影可能時間なります。

セミナーを撮影する場合は、32GB以上を購入しておくと便利です。

心配な方は、黙って64GBにしましょう。

現状、フルHDで撮影がおすすめ

ちなみに、上記の時間は、フルHD(ハイビジョン)で撮影した場合です。

4K動画はきれいですが、重いデータになります。

そのため、長時間の撮影にはおすすめできません。

次に、SDカードの転送速度も確認しましょう。

転送速度を確認

SDカードには、転送速度というものがあります。

分けると、

  1. スピードクラス
  2. UHSスピードクラス
  3. ビデオスピードクラス

の3種類があります。

主に見るべきのは、スピードクラス、UHSスピードクラスです。

スピードクラス

スピードクラスには、

  • Class2:最低転送速度2MB/秒
  • Class4:最低転送速度4MB/秒
  • Class6:最低転送速度6MB/秒
  • Class10:最低転送速度10MB/秒

の4つのタイプがあります。

セミナー動画であれば、「Class10」がおすすめです。

UHSスピードクラス

UHSスピードクラスには、

  • UHS Speed Class1:最低転送速度10MB/秒
  • UHS Speed Class3:最低転送速度が30MB/秒

というタイプがあります。

セミナー撮影では、UHS Speed Class1以上を選ぶようにしましょう。

編集後記

長時間のセミナーを撮影する場合は、SDカードは必須です。

予算の関係もあるかと思いますが、そこは投資しましょう。

参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【PC画面を収録】編集するならCamtasia(カムタジア)で決まり パソコンで、画面を録画したいことってありますよね。 セミナー オンライン講座 デジタルコンテンツ ツールの使い方の解説動画 …etc 使い方は、幅広く存在します。 今回...
あわせて読みたい
【USB接続できる】ウェブセミナーやライブ配信に便利なマイク5選 ウェブセミナーやオンライン動画を見る上で、音質って大切です。 雑音や騒音が入っている動画は、見ているとストレスがたまります。 できれば、音質には、ある程度こだ...
あわせて読みたい
【オンラインセミナーのやり方】開催の注意事項とツールや機材も紹介 オンラインセミナーとは、「オンライン」上の「セミナー」のことです。 2つを合わせて、「オンラインセミナー」と呼びます。 ウェブセミナー ウェビナー ネットセミナー...

動画

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次