長時間のセミナーや講座の撮影に!カメラとSDカードの選び方

長時間のセミナーや、講座、ワークショップ等の際に撮影をしたいことありますよね。

今回の記事は、そんな時に準備するものについてお伝えします。

1、2時間のセミナーであれば通常のカメラや、スマートフォンでも撮影は可能です。

しかし5時間以上のセミナー等の際には、容量が足りなくなることがあります。

容量が足りなければ、途中で映像が切れてしまう可能性があります。

それではせっかくの撮影が台無しになってしまいますよね。

どうすればいいのでしょうか?

長時間のセミナー撮影におすすめカメラ

まずはカメラについて触れていきます。

私がおすすめするカメラは、以下になります。

Canon デジタルビデオカメラ

こちらは、実際に私も使っていました。

私は以前、セミナー撮影業を営んでいました。

その時に使っていて、大変使い勝手が良く、画質もきれいだったため、おすすめします。

こちらは、内蔵メモリ自体が32GBあるので、5時間程度のセミナーであれば余裕で撮影できます。

しかし、セミナーを撮影する際は、その元データを編集することもあるとは思います。

そうなると、映像データを手軽に移動できるSDカードがおすすめです。

さらにSDカード使えば、撮影時間をもっと伸ばすことができます。

時間別に選ぶSDカード

SDカードは既に持っている方も多いと思います。

今回はセミナー撮影の観点から見た、SDカードの選び方をお伝えします。

先ほど紹介したビデオカメラであれば、すでに32GBが内蔵されていますが、映像データの移動には少し不便です。

そこでSDカード使うことで、編集ソフトの入ってるパソコンに簡単に移動することができます。

SDカードといっても、メモリの容量によって価格が変わってきますよね。

そこで、目安となる撮影可能時間を知っておきましょう。

長時間のセミナーを撮影する前提で説明しますね。

  • 16GB:2時間半程度
  • 32GB: 5時間程度
  • 64GB: 10時間程度

それぞれの容量と、撮影可能時間なります。あくまでもこちらは目安となります。

編集後記

長時間のセミナーを撮影する場合は、少なくとも1枚はSDカードが欲しいですね。

予算の関係もあるかと思いますが、セミナーや講座の撮影を頻繁に行う場合は、必須ツールですね。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで