YouTubeの情報発信では何を話せばいい?話し方のコツと台本の作り方

YouTubeが黎明期の時は、完全に娯楽のメディアでした。

しかし、今やビジネス活用が当たり前になってきています。

大企業だけでなく、スモールビジネスでも活用している企業が増えていますね。

無料で情報発信ができるメディアとしては、かなり優秀な部類だと思います。

ブログよりも、短時間で情報をわかりやすく伝えることができます。

・スマートフォンで手軽に撮影して
・YouTubeにアップするだけで
・集客、プロモーションになる

ので、使わない手はありませんね。

でも、、、ある問題があります。

YouTube動画って何を話したらいいの?

手軽に動画が撮影できる

となっても、私達はアナウンサーでもなければ、俳優でも噺家でもありません。

カメラが回ると、うまく話せない

なんてこともあると思います。

そんな時は、今すぐにできるこの方法を試してみてください。

話し方のコツと台本-PREP法

「さぁ、撮影しよう」と思っても、頭が真っ白になってしまう時ありますよね。

そんな時は、

PREP法

を試してみてください。

PREP法とは、

  • Point:結論
  • Reason:理由
  • Example:具体例、たとえ話
  • Point:結論

の頭文字をとって名付けられた手法です。

これ、かなり実践的ですよ(^^)

すぐに使うことができますし、3分〜5分の動画であれば、ちょうどいい構成です。

もちろん、理由や具体例を詳細に話せば、10分を超える動画撮影も可能です。

話し下手でも、スムーズに話せる方法

PREP法であれば、カメラに向かって話すことがなれていない方でも話せるようになります。

慣れないうちは、大きめの紙にPREPの各ポイントを予め書いておきます。

それをカンペ代わりに使うと、台本になるので迷いなく話すことができます。

ゆっくりでいいんです。台本を見ながら話してみてください。

編集後記

いかがですか?

台本としては、

Point:結論
「今回は◯◯(主張)だということについてお話しますね」

Reason:理由
「なぜかと言えば、◯◯(理由)だからなんです」

Example:具体例、たとえ話
「例えば、こんな◯◯(具体例)ってありますよね?」

Point:結論
「ということで、◯◯(主張)だということなんです」
「今回も動画を最後まで見ていただき、ありがとうございました」

という具合で組み立てると、スムーズかと思います。

早速試してみてくださいね。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで