メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【売れる文章を簡単に書く方法】本や動画の「この部分」を真似るだけ

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

オンラインで商品を購入するのは、当たり前になりました。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • …etc

このようなメディアでも、購買活動は盛んに行われています。

メディアを持っていれば、フツーの人でも商売ができる時代です。

目次

オウンドメディアで売る人たち

さらに、自分のメディアを持つ人も増えています。

  • ホームページ
  • ブログ
  • メールマガジン

このような自分所有のメディアで、商売をする人も珍しくありません。

随分と、便利で可能性に満ち溢れる時代ですね。

売れる人・売れない人

SNSやブログで、「この商品おすすめです」と紹介する。

きちんとメディアを運営していれば、一定数の人が購入してくれます。

ところが、、、

サクッと商品が売れる人もいれば、

  • なかなか売れない
  • 売り込み臭がする

そんな人もいます。

紹介の仕方が重要

売れる人と売れない人の違い。

それは、商品の「紹介方法」です。

単に「これおすすめです」では、購入に繋がりません。

鍵は、文章術

インフルエンサーならともかく、フツーの人では、難しいでしょう。

では、そのようにすれば、売れやすくなるか。

鍵となるのは、「文章術」です。

超簡単!文章力を鍛える方法

文章術を鍛えるのに、有効な方法があります。

それは、「本を読む」ということです。

「え?普通すぎ、、、」と思いました?

もちろん、ただ、本を読むのではありません。

ヒントは、本の「はじめに」にあり

小説を読んだり、文章術系の本を読むのではありません。

本のある部分だけ、読むのです。

それは、

  • 「はじめに」
  • 「まえがき」

の部分。

「はじめに」の目的は?

  • 「はじめに」
  • 「まえがき」

これらの目的は、「本の中身を読んでもらう」ことです。

「中身を早く読みたい」と、読者を誘導します。

「はじめに」=広告

つまり、本編のための「広告」です。

ここを真似するんですね。

これ、手っ取り早い方法なので、おすすめですよ。

ガッツリ勉強したいのであれば、書籍を参考にしても良いでしょう。

動画の冒頭の同じ

最近では、YouTubeなどの動画も参考になります。

動画の場合、冒頭部分が、「はじめに」に当たります。

動画の中身を見てもらうために、冒頭部分を工夫している方は多いでしょう。

どんな要素を話しているか、ぜひチェックしてみましょう。

文章でも動画でも、基本的な原則は変わりませんからね。

編集後記

「はじめに」に含まれている要素として、

  • この本を読むベネフィット
  • 一般的な思い込み
  • 本編内容のチラ見せ

の3つがあります。

この3つのポイント参考に、告知文を考えてみましょう。

あわせて読みたい
【ランディングページ構成テンプレート】15要素と穴埋めテンプレ付 ただ単純に、コピーライティングのテンプレートを知っている。 それだけでは、成果の出るランディングページを作ることはできません。 たとえば、AIDMAのAは、アテンシ...
あわせて読みたい
【メルマガとは】執筆に時間が掛かっても配信価値がある自社メディア 仕事柄、様々なメールマガジンを購読しています。 その中で、たまに驚くようなことを書いているものがあるのです。 先日、あるコンサルタントから、メルマガが届きまし...
あわせて読みたい
【ブログ記事は型で書く】更新を継続できる!5ステップテンプレート 「ブログ記事の更新が、なかなか続きません」 という悩みを、よく聞きます。 ブログを書きたいけど、書き方がわからない キーワード選定だけして、先が進まない 1つの記...

動画

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次