メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【継続力が身につく】連用日記を始めて、もっと自分に自信を持とう

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

物事を継続するって、難しいですよね。

  • 続けていれば必ず良くなる
  • 目標が達成される

とわかっていても、なかなか続けられないものです。

目次

「継続は力なり」だけど…

継続さえできれば、様々な場面で有利に働くことは事実です。

ですが…

  • ダイエット
  • 筋トレ
  • 勉強
  • 早起き
  • …etc

「よし頑張る!」と意気込んでも、

1週間ほど経過すると、サボり始めてしまう。

人間の性ですよね。

スモールビジネスでも、「継続は力なり」

言わずもがな、スモールビジネスでも、継続は重要です。

  1. ブログの更新
  2. YouTubeの更新
  3. ラジオの更新
  4. メルマガの配信
  5. 広告の改善
  6. …etc

「続ける」ということは、大きな意味をなします。

そこで今回は、、、

「継続力をアップさせる、モチベーション上げる方法」

についてお伝えします。

小さことから継続する

最大のポイントは、

「小さなことでもいいから、継続する」ことです。

こんな事は、よく自己啓発本に書いてありますよね。

しかしながら、小さなことすら、継続できない方が多いのも事実です。

小さい習慣を積み重ねる

歯磨きをする、食事をするというように、当たり前に行うことが重要です。

  • 毎日散歩する
  • 毎日トイレ掃除をする
  • 毎日30分本を読む

こういった小さな積み重ねが、自分の継続力を上げてきます。

大なり小なり、継続することで、自信がつきます。

なかでも、オススメの方法があります。

それは、、、

連用日記をつける

その方法は、「連用日記をつける」ということです。

連用日記とは、3年、5年と年数をまたいで、記録できる日記のことです。

  • 3年前の3月1日は何をしていたか
  • 2年前の3月1日は何をしていたか

のように、違う年の同日の出来事が、一目でわかります。

成長を自覚できる

なんか、素敵ですよね。

数日や数ヶ月では、自分の成長が分かりません。

でも、3年・5年スパンでみると、どうでしょう。

  • 取り組んだこと
  • 勉強したこと
  • 出会った人
  • …etc

明らかな変化や成長を、実感できるでしょう。

書く内容は、1行でも2行でも構いません。

長期的視点を養える

連用日記の魅力は、「長期的視点」が養えるということです。

日々忙しくしていると、ついつい短期的思考になりがちです。

そうなると、本当にやるべきことが、できなくなってしまうかもしれません。

そんな自分を諌めてくれるのが、連用日記なんです。

少なくとも、年スパンで見よう

数年スパンで記録することができれば、数年前の状態がはっきりわかります。

  1. 数年前と比べれば、できることが増えたぞ
  2. コツコツ積み上げてきたな
  3. こんなこともできるようになった

このように、変化を実感できます。

編集後記

ぜひ小さな継続の1つとして、連用日記を取り入れてみてください。

この連用日記を、1年、2年と続けていけば、自信がついてきます。

習慣は、90日ほど続ければ定着すると言われています。

連用日記をつければ、

  1. 継続力がアップする
  2. 長期的視点が持てる
  3. 自信がつく

良いこと尽くめじゃないですか?

ぜひ、参考にしてください。

あわせて読みたい
【ブログ継続の究極のコツ】「優先順位を一番にする」の一言に尽きる 【ブログ継続の究極のコツ】「優先順位を一番にする」の一言に尽きる
あわせて読みたい
【メルマガとは】執筆に時間が掛かっても配信価値がある自社メディア 仕事柄、様々なメールマガジンを購読しています。 その中で、たまに驚くようなことを書いているものがあるのです。 先日、あるコンサルタントから、メルマガが届きまし...
あわせて読みたい
【継続アイデア】Chrome起動ページを「ブログの新規投稿」に設定する 【継続アイデア】Chrome起動ページを「ブログの新規投稿」に設定する

動画

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次