継続力を自然と身につけるアイテム!習慣化には連用日記をつけるべし

継続って難しいですよね。

続けていれば必ず良くなる、目標が達成されるとわかっていてもなかなか続けられないものです。

継続は力なり

ですから、継続さえできれば、仕事や勉強様々な場面で有利に働くことは事実ですよね。

ダイエットにしても、筋トレにしても、
「よしがんばるぞ」と意気込んでも、1週間ほど経過するとサボり始めてしまいます。人間の性ですよね笑。

私も、スモールビジネスオーナーの方にウェブマーケティングを教える立場ですので、継続の重要性は日々伝えています。

・ブログの更新
・メルマガの配信
・広告の改善

と言うようなことにも、続けるということは大きな意味をなします。

そこで今回は、ちょっとしたことで継続力をアップさせる、モチベーション上げる方法についてお伝えします。

なにかできることから継続する

小さな事でもいいから継続することが大切です。こんな事はよく自己啓発本に書いてありますが、小さなことすら継続できない方も多いのも事実です。

歯磨きをする、食事をするというように、当たり前に行うことが重要です。

毎日散歩する
毎日トイレ掃除をする
毎日30分本を読む

こういった小さな積み重ねが、自分の継続力を上げてきます。大なり小なり、継続すると言うことで自分自身がつきます。

なかでも、オススメの方法があります。

それは、、、

連用日記をつける

その方法は、連用日記をつけてみるということです。

連用日記は聞いたことがあるでしょうか?
3年、5年といった年数をまたいで記録できる日記のことです。

例えば、3年前の3月1日は何をしていたか、2年前の3月1日は何をしていたかと言うように、違う年の同日の出来事が一目でわかります。

なんか、素敵じゃないですか?^ ^

数日や数ヶ月では、自分の成長が分かりません。

3年や5年を通して自分のしてきたことや、思い出を記録することで、はっきりと自覚できます。

この、数年をまたいで記録するということが、モチベーションにもつながるわけです。

書く内容は、1行でも2行でも構いません。

数年スパンで成長を見る

何かの目標達成しようと思ったときには長期的目線で考えることが必要です。

数年スパンで記録することができれば、2年前に自分がやっていたことや状態がはっきりわかります。

何かの目標達成しようと思ったときには長期的目線で考えることが必要です。

数年スパンで記録することができれば、2年前に自分がやっていたことや状態がはっきりわかります。

それと比べて今はどれだけ進んでいるのか、考え方は同じなのかを把握することができます。

過去の自分と会話をするようなイメージですね。

この連用日記を、1年、2年と続けていけば続けていくほど自信がついてきます。

自然と継続することができるんですね。

ぜひ小さな継続の1つとして、連用日記を取り入れてみてください。

そして過去の自分と会話をしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで