パソコンやスマホ疲れに!目を守るには「あずき」と「メガネ」がおすすめ

ここまで言うのは大げさかもしれませんが、私たちは24時間オンライン状態です。

スマホの普及により、私たちは常にネットとつながっています。

移動中にはスマホを触り、仕事中にはパソコンをいじりっぱなしという状態です。

そうなると気になるのが、目の疲れですよね。

パソコンやスマホが目に悪いとわかっているけれども、本音を言えば、

「仕事なんだからしょうがない」

ですよね?^_^;

スマホやパソコンを一切触らないと言うのは、今の時代、現実的に無理があるでしょう。

そこで今回、スマホやパソコンをたくさん使用している、頑張り屋のあなたに、少しでも目の負担を減らす方法をお伝えします。

ブルーライトカットのPCメガネ

こちらもう既にかなり普及しています。IT機器から出るブルーライトという有害なものを、極力カットしてくれます。

こちらは作業中の対策と言うことになりますね。

スマホやパソコンをいじる時には、できるだけブルーライトカットのPCをかけることをお勧めします。

ブルーライトカットPCメガネ

あずきのチカラ

今度は作業中ではなく、作業終了後の対策です。

1日の作業が終わって、疲れた目をあずきの蒸気で癒します。

こちらは、アイマスクのようなものです。

アイマスクの中に小豆が入っています。それをレンジで温めて、目の上にのせます。

私も実際使用していますが、5分ほど目の上に乗せて、目を閉じているだけで、目の疲れが和らいでいく感じがします。

そのまま眠りにつけてしまうので、安眠の助けにもなります。

あずきのチカラ

編集後記

いかかでしたか?

なんでもIT化が進められている昨今では、スマホやパソコンから逃れることは困難ですよね。

であれば、そういった機器とうまく付き合いたいものです。とにかく、便利ですからね(笑)。

使用する時間を減らすことももちろん有効ですが、できるだけ和らげるような対策をしていきましょう。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで