もうモヤモヤしない! ウェブ集客の最優先

編み物だって、折り紙だってそうですよ

突然ですが、編み物、折り紙、楽器、料理の中でどれかやったことありますか?おそらく大半の人が何か1つは経験したことがあると思います。編み物でマフラーを編む、折り紙で鶴を折る、ギターやピアノを習う、自炊をする、生きていれば何か1つは体験しますよね。

なんでこんな話をしてるかと言えば、上記のようなことを始める際の動機について考えてほしいからです。そしてその動機と言うものは、スモールビジネスがウェブ集客をやっていく上で非常にヒントになる考え方なのです。さて、考えてみましょう。

編み物をやる動機は何でしょうか?折り紙を折る動機は何でしょうか?ギターやピアノ弾く動機は何でしょうか?料理をする動機は何でしょうか?もちろん人それぞれあると思います。大切な人のために何かをプレゼントしたい、びっくりさせたいなど生活の局面であらゆる動機が発生しますよね。さてもう少し具体的に話を進めていきましょう。重要な部分は、いずれも最終的な目的がはっきりしていることにあります。例えばマフラー、鶴、楽曲、献立と言うように最終的に何を作りたいか、何を生み出したいのかということがはっきりしています。だからやりたい、始めたいのですね。編み物を例にとれば、「なんとなく編み物がしたい」というよりは、「マフラーを編んでみたい」と思い、習い始めるのが一般的だと思います。マフラー以外にも、手袋やセーターなど、編み物の種類はたくさんありますが、マフラーを編みたいという人にとって、マフラーが完成すればそれで目的達成なわけです。マフラーを編むための編み方をすればいいいんですね。

この話には、スモールビジネスのウェブ集客において非常に重要なエッセンスが含まれています。ウェブ集客が重要なのはわかっているけれども、なかなか集客ができない、商品の販売につながらないという方々が陥ってる罠です。

陥ってしまう飽和状態

前述した通り、マフラーを編むためにはマフラーを編むためだけの知識があればいいわけです。それ以外の特殊な技術や知識は必要ありません。それがなくたって、自分の作りたいマフラーが編めるわけですから。非常にシンプルな考え方になります。この話を聞けば、何も混乱せず、済みますよね。

マフラーを編みたいのにもかかわらず、セーターを編むための知識や、手袋を編むための特殊テクニックを学び、「あー、マフラーがなかなか完成しないよ」と悩んでいる人がいたらどうでしょう?あなたはたちまち言うでしょう。「余計なことをやって遠回りしているからだよ」と。こんな事は、あたり前田の前田さんなわけです(笑)。

しかしこんな、言うに及ばないくらい自明なことが、ウェブ集客で繰り広げられています。「とりあえずウェブが大切だから」という理由で教材を購入したり、セミナーに参加したり、しまいには高額な料金を払ってコンサルティングを受けたりします。学ぶ姿勢自体は素晴らしいのですが、そこに、あまり最終的な目的が定義されてないように思います。「なんとか集客したいから」「とりあえず売り上げを上げたいから」「リスト集めたいから」というようなほんわかした動機でウェブ集客に取り掛かる人は非常に多いです。ほぼ9割の人がそうでしょう。しかしこのような動機でウェブ集客を始めた方で、順調にウェブ集客を実現している人は多くはありません。むしろ、知識が増えて、結局今の自分には何が必要なのかが分からなくなってしまう、飽和状態になってしまう人がほとんどです。そして、そんな人にとっては、ウェブ集客は夢のまた夢の話になってしまいます。このような飽和状態の原因は何なのでしょうか?

ウェブ集客でのゴールの決め方はこれ

このような飽和状態にならないためには、明確なゴールを決めることが大切です。編み物といえばマフラーを編むということ。折り紙で言えば鶴を折れるようになるということ。料理であれば、きんぴらごぼう作れるようになること。ウェブ集客を行なって何をしたいのかを自分に問いかけてみてください。「なんとなく重要だから」ではうまくいかないわけです。外注費や授業料に多額のお金をつぎ込むことになってしまいます。それは本当に避けてもらいたいことです。では、ウェブ集客のゴールを決めるにはどうしたら良いのでしょうか?それは簡単です。売りたい商品の明確化になります。要するに、「この商品を得るためにウェブ集客を活用する」ということです。セミナーを売りたいのであればセミナーが売れるようなウェブ集客、化粧品を売りたいのであれば化粧品が売れるようなウェブ集客をつくります。逆に言うとそれ以外全く必要ないわけです。最先端の横文字手法も二の次になります。

売るべき商品を売る

売り上げを上げるためには、商品を売り続けることです。仲間が、最新のソーシャルメディアや、海外のかっこいいツールを使っていようと関係ありません。自分は自分の商品を売るためだけのウェブ集客の仕組みを作ればいいだけの話です。そして、素敵なことに、それを実現するためにはたいした装備は必要ありません。ウェブ集客の評論家になるわけではないと思いますので、自分の商品についてのウェブ集客に詳しければ充分なんですね。マフラーが編みたいならマフラーだけ編めればいいんです。編み物教室の先生になるわけではないんですからね。

とりあえず揃えるべき4つの道具

結論から言うと、以下の4つを用意すれば、最低限かつ十分です。

  1. 集客用ブログ(ホームページ)
  2. 販売用ランディングページ
  3. 集客用Facebook広告
  4. 接触用メールマガジン

わかりやすいように、すべてのツールに〇〇用という言葉をつけておきました。それぞれの役割です。ブログのコンテンツを書いて、ホームページ内に、ある程度のコンテンツを貯めていきます。なお、このコンテンツを更新する作業は継続的に長い目でやっていくことです。すぐに売り上げにはつながりませんが、持っておくと集客機能のほかに、名刺機能も付いてきます。あなたの名前を直接検索されたときに、用意されていると信頼が増します。もちろんブログだけでは販売にはつながらないので、商品を詳細に説明したランディングページを用意しておきます。正直、これさえあれば、いつでも告知できるし、セールスもできます。しかし、ただランディングページを作っただけでは売れていかないので、少しお金をかけてFacebook広告を出稿しておきます。Facebook広告を通して商品が売れればそこで任務完了です。ただし、売りっぱなしは良くありませんね。しっかりと定期的な接触が必要になります。接触をしていれば、違う商品がリリースされた時にリピートしてくれます。その接触する道具として活躍するのがメールマガジンになります。商品を購入した際に、連絡先は登録されるはずなので、その連絡先に向けてメールマガジンを送ります。

まずはこの4つを揃えておくと余計な遠回りをせず効率よくウェブ集客を始めることができます。まずはこれをやればいいだけです。

(注意)
今回はよりわかりやすくするために、見込み客のリストについては触れていません。次回以降の内容では、少し応用的な話もしますので楽しみにしていてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで