セミナーがうまくいかないときの対処方法 | 成約率が自然と上がるコツとは?

「セミナーでお客さんが取れない」
「成約率が30%以上にならない」
「自分にはセミナーは向いていないんじゃないか?」

今回はこんな悩みを抱えた方に向けてお伝えします。

このは屋では、毎月セミナー開催しています。

時には、ユーモアある大阪、京都の関西方面の方。

時には、君の名は。で有名な岐阜の方。

先日は北の大地、北海道からも参加していただきました。

全国から時間を見つけて足を運んでくれるのは、ありがたいことですね(^^)

例え1時間でも2時間でも、他にも沢山やることを差し置いて参加してくれることは、嬉しいことです。

その期待に応えるためにも、毎回全力でセミナーをしています。

セミナー成約率を上げるフィードバック

セミナーを開催するということは、当然、セミナー営業をしているわけです。

このお便りを読んでいる方にとっては、言わずもがなですね。

ふと、先日ここ最近のセミナーの成績を見てみると、、、、

なんと

成約率100%でした(祝)。

自分のセミナーも毎回、内容をブラッシュアップしているので、ここまでこれたのかもしれません。

初めからできるほど器用ではないので、改善作業をしていくんですね。

この改善作業が楽しすぎて、毎回のセミナーを一日千秋の思いで待っています(笑)。

セミナー営業においては、改善ありきです。

セミナーとは一対多の対面セールスなので、開催の度にフィードバックを得られます。

このフィードバックをもとに改善をするんですね。

セミナー営業で言うフィードバックとは、

  1. 参加者の表情
  2. 参加者の態度
  3. 断った理由

等です。

中でも、一番のヒントは、断られた理由ですね。

  1. 人間的に受け付けない
  2. 空気感が嫌い

ということであれば、改善は必要はありません。

このような理由で断った方は、逆に去っていってもらったほうが良いです。

抽象化から具体化を行う

ところが、

その商品・サービスに必要性を知りつつも、買ってくれない

という場合は要注意です。

この時に必要なのが、断った理由に基づいて改善をするんですね。

セミナーの内容パーツを分割すると、50分割は下りません。

その50以上のパーツの中で、どこが足りないのかと考える作業が必要です。

また、セミナーでは

  1. 関係性構築
  2. 顧客育成

が必要です。

足りないのであれば、どんな事例を話して、どんな例え話をすればいいか?

という途方もない作業が必要です。

何でもそうですが、原因を調べるには全体構成が必要です。

その上で、パーツを改善したり、加えたりするんですよね。

車もそうですね。

こうすればこう動くという全体組織を理解した上で、各部品を装着していきます。

これからセミナーをする人や今セミナーをやっているけど、成約率が上がらない人は、ぜひこの発想を持って下さい。

セミナーの全体構造と各パーツです。

それで、断られた理由は、どのパーツが原因なんだろう?

と考えていくと、自ずと修正箇所が見つかります。

抽象化→具体化ですね。

「改善できるようにはじめから設計しておく」

これが、セミナー営業でお客さんを取り続けるためには大切です。

編集後記

今回は、「セミナーがうまくいかないときの対処方法 | 成約率が自然と上がるコツとは?」についてご紹介しました。

1回開催して、お客さんが取れないことは、何の問題もありません。

改善ができればいいだけの話です。失敗とは捉えず、次につながる材料集めだと思ってください。

改善を正しく行うには、断られた理由をデータとしてためておきましょう。

その理由をなくすことができるように、セミナーで話す内容を調整しましょう。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで