メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。スモールビジネスオーナーに向けて、ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【3つの疑問に答えよう】ウェブセミナーで高額商品を売るためのコツ

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

ウェブセミナーを行って、集客に活用する。

この動きは、スモールビジネスでも、一般的になりました。

  1. ウェブセミナーに人を集めて
  2. 参加者を教育し
  3. 商品・サービスの購入につなげる

このような戦術で、売上を伸ばしている会社はたくさん存在します。

目次

ウェブセミナーという販促⼿法

ウェブセミナーとは、⽂字通り、オンライン上で開催するセミナーです。

参加者側にとっては、

  • 移動時間もかからない
  • どこからでも参加できる
  • 服装も、さほど気にしなくて大丈夫
  • …etc

のようなメリットがあります。

参加ハードルも低いので、集客も見込めるということです。

セミナーが効果的な理由

ウェブセミナーが効果があるということは、もはや当たり前かと思います。

事実として、

「セミナーで、⾼額な商品やサービスを売る」

ということは、多くの⽅がやっていますね。

  1. 2時間くらい、ノウハウを話して
  2. その後1時間くらいで、高額な商品の説明会を行う

というパターンが定⽯です。

※ここで言う高額商品とは、10万円以上のものを指します。

なぜ、高額商品が売れる

セミナーを使うと、なぜ高単価な商品でも売れるのでしょうか。

それは、セミナーという形式が、それを可能にするからなんですね。

セミナーであれば、

  • 必要なことを
  • 必要な順番で

伝えることができます。

情報提供ではなく、教育

⾃分の商品の必要性を、⼗分に伝えること。

つまり、「教育」ができれば、⾼額商品を売ることは難しくありません。

セミナーというと、普通は、「情報提供」がメインと考えられます。

「情報提供」も重要ですが、それだけでは商品が売れません。

しっかりと練られた、「教育」がポイントになります。

3つの教育

では、実際には、どのように教育すれば良いのでしょうか。

それは、、、そこまで難しいことではないんです。

以下3つのポイントを理解していれば、高額商品でも売れるようになります。

  1. なぜ「その考え」が大切なの?
  2. なぜ「あなた」から買うべきなの?
  3. なぜ「今」買う必要があるの?

たったこれだけ。3つだけです。

ダイエットコーチの例

ダイエットに関する商品で、具体的な例を挙げますね。

  1. なぜ「その考え」が大切なの?
  2. なぜ「あなた」から買うべきなの?
  3. なぜ「今」買う必要があるの?

この3つを、当てはめてみます。

なぜ「その考え」が大切なの?

ダイエット成功には、運動ではなくて、「⾷事」が⼤切。

ここで、ダイエットの成功を阻害している、本当の課題に気付いてもらいます。

「その考え」は、「食事」ということになります。

ここでは、ひたすら「食事」の重要性を教育します。

なぜ「あなた」から買うべきなの?

他にも、食事ダイエットを提唱している人はいるけど…。

なんで、私を選ぶ必要があるのか。

ここを教育します。

  • ⾃分も、ダイエットで苦労した
  • その経験をもとに、お客さんのダイエットを成功させた

⾃分の体験で共感をしてもらい、事例を伝え、成功を疑似体験してもらうと良いでしょう。

なぜ「今」買う必要があるの?

「やぱり今じゃなくて、後でいいや」と後回しにしないために…。

  • 後回しにして、後悔した⼈がいる
  • その⼀⽅で、すぐ⾏動して人生を謳歌している人がいる

断る理由を徹底的に潰すように、先回りして伝えます。

以上。3つの構成がポイント

このように構成を組んでいきます。

3つのどれかが⽋けてしまうと、どんなに流暢に話しても、商品購⼊には⾄りません。

この3つを組み⽴ててから、本格的な構成を練ります。

こうした構成については、書籍を参考にしても良いかもしれません。

セミナー全体の構成

我々がセミナーを作る際は、以下のように構成します。

  1. プロフィール
  2. 興味を引く
  3. 「なぜその考え」の教育
  4. 「なぜあなた」の教育
  5. 「なぜ今」の教育
  6. ⾏動のお願い

実際はこんな単純ではありませんが、⼤枠はいつもこれで考えています。

具体化すると

もう少し、噛み砕いて解説すると、

  1. プロフィールで共感、信頼してもらい
  2. 「実は本当の課題はこれだ」と伝えて
  3. なぜそれ重要なのかを伝えて
  4. 「私はこんなサポートをするよ」と伝えて
  5. 「今やらないとこんな悪いことがあるよ」と伝えて
  6. 「今すぐ申し込んで下さい」と締める

というイメージですね。

ウェブセミナーと会場型セミナーの違い

この構成で練っていけば、成約率30%をキープすることは簡単です。

しかし、1つ注意点があります。

それは、ウェブセミナーの際は、「参加者の集中力が下がる」ということ。

ですので、何か工夫をしたほうが良さそうです。

参加者に集中してもらう工夫

会場型と違って、オンライン上だと、緊張感が弱まりますよね。

なので、緊張や期待を高める工夫を施します。

手軽にできる対策としては、

  • 名指しで質問する
  • 参加者同士でディスカッションしてもらう
  • クイズを頻繁に出す
  • 手を上げてもらうなど、リアクションをもらう

このように、ほんの少し細⼯するだけでOKです。

編集後記

セミナー(ウェブセミナー)は、非常に効果的な手法です。

「人前で話すなんて、無理〜」と早合点せずに、トライしてみてください。

案外やってみると、「なんだ、こんな簡単なのか」となるかもしれません。

セミナーに限らず、効果の出ている手法は、積極的に活⽤していきましょう。

あわせて読みたい
【セミナー営業成功の鍵】「断る理由」を把握しておけば百戦危うからず 「こうきたら、こうくるな」 こんなことをして、幼少時代は遊んでいましたね。 ポケモンカードや遊戯王カード遊びです。 駆け引きをしながら、夢中になっていました。 ...
あわせて読みたい
【セミナーセールス】参加者が、先送りせず「今」行動したくなるコツ スモールビジネスであれば、 「フロントエンドセミナー」 という手法は、聞いたことあるでしょう。 まずはセミナーに参加してもらい、 そこで、本当に売りたい商品・サ...
あわせて読みたい
【やればやるほど良くなる】売れるセミナーを作るパターン認識とは? 先日、生徒さんとミーティングをしていました。 その生徒さんの専門分野は、英会話。 英会話のディープラーニングという手法を、世に広めている方です。 【文法型から事...
目次