メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

DRMとは?オンライン集客の仕組みを作る5ステップ【基本原則】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

ダイレクトレスポンスマーケティング。

オンライン集客に取り組んだ方であれば、一度は聞いたことある言葉でしょう。

ダイレクトレスポンスマーケティング(以下DRM)は、基本原則です。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

DRMは、オンライン集客の王道

オンライン集客に成功している方のほんとんどが、DRMを実践しています。

「むしろ…小さい会社が、DRM以外で、どうやって集客をするの?」

とまで言われています

DRMに関連した書籍も、たくさん出版されていますよね。

※DRMは、米国広告会社の創業者レスター・ワンダーマンが提唱したと言われています

DRMに関して、よく聞く悩み

でも一方で、

  • 「DRMって、いまいちよくわからない…」
  • 「どうやって、DRMを実践すればいいかわからない」

という方も、少なくありません。

今回は、そんな疑問を持っている方に向けた内容です。

初心者でも、DRMを始められる「5つの手順」をお伝えします。

ハマの番長とDRM

今回の話をわかりやすくするために、あるエピソードをお話します。

「ハマの番長」として名を馳せた、三浦大輔さんの話です。

リーゼントヘアは特徴的なので、知っている方も多いのではないでしょうか。

三浦大輔さんのインタビュー

「ピッチングの再現性を高めるには、投げ込むしかない」

これは、三浦大輔さんが、ある番組で言っていたことです。

三浦さんと言えば、ベイスターズのエース。

背番号18番を背負って25年間、日本代表するピッチャーとして君臨し続けました。

決して、エリート街道ではなかった

そんな三浦さんですが、実は初めから「注目のエース」ではなかったんです。

凄腕のピッチャーのイメージは、

  • ドラフト1位指名
  • 高校時代には、怪物と呼ばれる

という、はなからの英雄伝が一般的ですよね。

  1. ダルビッシュ有
  2. 田中将大
  3. 大谷翔平

な名だたる選手が、高校生の時から、スターの片鱗を見せています。

なんと、ドラフト6位指名

しかし三浦さんは、ドラフト6位指名だったそうです。

三浦さんもインタビューで、

  • 「自分の球には、特にスピードもなかった」
  • 「変化球が凄いわけでもなかった」

と述べていました。

だから、どこかで目立とうとリーゼントヘアにしたらしいですよ(笑)。

特に目立った強みがない…

当時、三浦さんは、相当悩んだみたいです。

「どうやって、プロの世界で自分の価値を確立していくか」

ということに、逼塞していたんですね。

そこで…三浦さんが見出したのが、「コントロール」でした。

コントロールで勝負する

  • スピードがない
  • 変化球は弱い

こんな状況でも、1つの突破口を見つけ出しました。

それは、「コントロールだけは負けない」ということです。

200球の投げ込み

誰にも負けないコントロールを身につけるために、三浦さんが行ったこと。

それは、「投げ込み」です。

もうとにかく、これでもかというほど、投げ込む。

1回の練習で、200球以上投げ込むというのです。

100球くらいまでは、力が入ってしまう。しかし、150球を超えてくると、疲れて力が入らなくなる。

投げ込むことで、わかったこと

  • 「はじめはどうしても力むので、球が安定しないんですよ」
  • 「疲れて、力が入らなくなった状態が一番安定するんです」
  • 「その状態ならば、余計な力が入らないため、必要最低限で投げられる」

インタビューの中で、三浦さんはこんなことを言っていました。

力まないことで、コントロールが高まる

つまり、

  1. 疲れて、力が入らなくなった状態で投げる球が、一番安定する
  2. その安定した状態の感覚を覚えておく
  3. そして、コントロールの再現性が高まる

という状態になるのが、理想的だということです。

何事も力んでしまうと、うまくいかないものです。

DRMでも、同じ

余計なものを取り除き、必要最低限を押さえる。

これこそが、「再現性」を高めていく秘訣なんですね。

波があっては、安定しているとは言えません。

この「再現性」の話。

オンライン集客やDRMでも、全く一緒ということにお気づきですか?

DRMの4ステップ

再び、DRMの話に戻りましょう。

DRMというだけで、難しく聞こえてしまいますが、実はとても簡単です。

  1. 見込み客の連絡先を集めて
  2. 接触・育成を行い
  3. 販売する
  4. 関係性を維持する

以上が、DRMの原則です。

これをやるだけなんです。

力んでしまうのが、人間の性

これだけの話なんですが、オンライン集客となると…

  1. ホームページ
  2. ブログ
  3. YouTube
  4. メルマガ
  5. プロダクトローンチ
  6. ウェビナー
  7. リスティング広告
  8. Facebook広告

色々気になって、手を出してしまう人がいます。

まさに、力んでしまうんですね。

あわせて読みたい
結論。スモールビジネスのウェブ集客は、「最低限」で、十分 結論、ウェブ集客は、「最低限」で十分。 実業をおこなう、スモールビジネスオーナー。 あなたが、ウェブから売上を上げるためには、たいそうなことは必要ない。 「最先...

「再現性」が大切

DRMを行っていく上で一番大切なことは、「再現性」です。

  • 今月だけ集客できた!
  • 先月はリストがこんなに集まった

これでは、安心できません。

今月だけ稼いでも、駄目

「プロダクトローンチで、今月1000万円売り上げた」

というのは、再現性はありません。

一般的なプロダクトローンチは、作るだけで膨大な費用と時間がかかりますからね。

”かりそめ”的な売上のために、時間とお金をつぎ込むのは、いただけません。

「毎月安定しているか」=「再現性」

ポイントは、

  1. どれだけ力を抜いた状態で
  2. 安定して、売り上げられるか

です。

これが、本当の再現性のある方法なんですね。

そのために、DRMという由緒ある手法を使えばいいんです。

これだけ!DRM実践5ステップ

DRMに関しても、必要最低限だけを覚えておけば大丈夫です。

最低限さえ把握できれば、力まず安定して、再現性のあるマーケティングができます。

DRMでやるべきことは、

  1. ブログ、Facebook広告で露出を高める
  2. 無料プレゼントで、見込み客を集める
  3. ステップメールで育成する
  4. ランディングページで販売する
  5. メルマガで繰り返し、接触する

これだけです。

あわせて読みたい
少ないアクセスで、ウェブからの集客を実現した全手法とは? 「まずはブログを書いてアクセスを集めましょう」 「ユーチューブに動画を投稿して再生回数を増やしましょう」 という言葉、頻繁に聞きますよね。 私たちも起業した当初...

「流れ」を作ることが大切

この流れがあれば、何をしてもOKです。

逆に言えば、余計なことはしなくても大丈夫。

再現性を高めるために、必要最低限なことを、確実に行っていきましょう。

この「再現性」意識すれば、頑張り時、踏ん張り時ということはなくなります。

編集後記

やるべきことは、たいしてないんですね。

山のような情報の中で、しっかりとブレずに商売をされていく。

そのためには、「最低限」にフォーカスしましょう。

手段の目的化を避けて、愚直に最低限を行う。

そこれこそが、稀代な存在になれる鍵ですね。

あわせて読みたい
電車の優先席には、将来性がない?ウェブ集客の手法との共通点とは? 電車の優先席には、将来性がない?ウェブ集客の手法との共通点とは?
あわせて読みたい
マーケティングはリスト・コスト・テスト 今回は『マーケティングはリスト・コスト・テスト』について。 マーケティングには3つの大切な「スト」がある。もう完全にネタバレしているし、「スト」って何だ?って...

この記事への反響

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる