メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

お客様の声アンケートで聞くべき5つの質問【テンプレート付き】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「効果的なお客様の声を集めたいけど、やり方がわからない」と悩んでいませんか?

そんな方に向けて、そのまますぐに使える5つの質問テンプレートをご用意しました。

ご紹介する5ステップでアンケートを作成し、早速実践してみましょう。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

集客につながるお客様の声が集まる

本記事で紹介する「5つの質問」は、単なる感想を聞くだけではありません。

「あ、こんな人がいるならきっと私も…」。

こう考える人が増えて、結果、集客につながっていくようなテンプレートになっています。

私たちも、ずっとこの方法でお客様の声を集めていました。

その結果、勝手に理想のお客さんが集まるようになりました。

ぜひ参考にしてみてください。

多くの人がやりがちなこと

オンラインで集客をする場合、

  • ランディングページで商品に申し込んでもらう
  • ホームページから問い合わせを獲得する

という方法が一般的です。

その際に、多くの人は、「コピーライティング」スキルを高めようと努力します。

コピーライティングに関する書籍もたくさん出ています。

まだ学んだことがない方は、一度目を通してみるといいでしょう。

コピーライティングも大切だけど…

もちろん、ある程度のコピーライティングスキルはあったほうがいいです。

コピーライティングについての書籍はたくさんあるので、一度目を通しておいてもいいでしょう。

しかしそんなことよりも、重要な要素があります。

その要素があれば、あなたの商品の魅力は、数倍伝わります。

そして、正しいお客さんを、自然と集めてくれます。

その要素とはなんでしょうか。

それは、「お客様の声」

結論、「お客様の声」です。

お客様の声の重要性については、先程ご紹介した書籍でも触れられています。

そうです。お客様の声も、コピーライティングの一部なんです。

コピーライティングへの誤解

ただコピーライティングというと、ついつい、

  • かっこいい、文章テクニック
  • 心理学をふんだんに織り交ぜた、文章術

を思い浮かべてしまう方もいます。

コピーライティングはあくまでも、手段です。

コピーライティング=手段

商品の価値を、「よりわかりやすく」知ってもらう手段。

コピーライティングは、決して、魔法のテクニックではありません。

  • 商品の魅力は、どうやったら正しく伝わる?
  • より選びやすくするには、何が必要?
  • どうすれば、信じてくれる?

このような原理原則を考えた結果、編み出された科学的手法です。

あわせて読みたい
【穴埋めテンプレート付き】ランディングページの作り方と構成要素15 ただ単に、コピーライティングのテンプレートを知っている。 それだけでは、成果の出るランディングページを作ることはできません。 たとえば、AIDMAのAはアテンション...

お客様の声は、強力なツール

そこで、お客様の声です。

考えてみれば自明ですが、お客様の声は、最強のセールスツールです。

理由は、単純です。

販売者自身ではなく、他人が証明してくれているからです。

自分ではなく、他人に言ってもらう

自分自身ではなく、実際の購入者に証明してもらえれば、

  • 商品の魅力は、どうやったら正しく伝わる?
  • より選びやすくするには、何が必要?
  • どうすれば、信じてくれる?

これらは、一挙に解決です。

あらためて、「お客様の声」ってすごいです。

でも、そもそもお客様の声って、どうやって集めたらいいんでしょうか。

お客様の声の集め方

「じゃ、早速お客様の声を集めよう」

ここま読んで、行動力のある方は、このように考えるかもしれません。

ご安心ください。具体的な方法をご紹介します。

お客様の声を集めるには、

  • いつ集めるか?
  • どうやって集めるか?

がクリアになっていれば、実践できますよね。

いつ集めるか

まず、いつ集めるか。

基本は、「いつでも集める」心持ちでいただきたいです。

お客様の声を頂ける機会を、常に狙っておくことが大切です。

中でもおすすめのタイミングは、商品を使って「変化」が起き始めたときです。

それは、商品・サービスによって異なりますね。

小さな変化でも大丈夫なので、積極的に聞くようにしましょう。

どうやって集めるか

続いて、どうやって集めるか。

おすすめの方法は、インタビュー形式です。

Zoomなどのビデオ会議ソフトを使って、直接聞けたらベストです。

インタビューなら、気軽に感想が聞ける

「インタビュー形式」がミソです。

いきなり「お客様の声を撮らせてください!」となると、相手は身構えてしまいます。

インタビューなら、「質問に答えるだけ感」がでるので、ハードルが下がります。

  • 「◯◯さんの、ここまでの感想をお聞きしたいです」
  • 「アンケートをご用意しているので、お答えいただけますか」

とお願いすれば、ほとんどの場合、快諾してくれます。

あわせて読みたい
お客様の声の集め方 | ロンブー淳のマスクdeお見合いに学ぶ 「内面重視の恋、しませんか?」 『マスクdeお見合い』を知っているだろうか?おもしろいお見合いスタイルで、ロンブー淳が関わっているということで話題になった。 『...

お客様の声5つの質問テンプレート

そして最後の疑問は、「何を聞けばいいのか」ですよね。

これには、テンプレートがあります。

これは実際に私たちが現場で使っているものです。

  1. 参加される前の悩みについて
  2. 参加してみてどのような変化があったか
  3. 参加にあたり悩んだこと
  4. それでも参加しようと思った理由
  5. どんな方におすすめしたいか

この5ステップで、インタビューしていきます。

「参加」の部分は、「購入」や「申込み」に置き換えて使ってください。

ポイントは、悩みがどう変わったか

お客様の声を収集する時に大切なこと。

それは、「悩みがどう変わっていったか」というストーリーです。

お客様の声を集める目的は、もちろん集客力を上げることです。

しかしもう一つ重要なことがあります。

それは、「疑似体験」をしてもらうことです。

いかに「疑似体験」をしてもらうか

「あ、この人もこう言っているし、自分もできそう」

こう思ってもらえたら、お客様の声の目的達成です。

特に、前もって体験しづらい商品の場合は、大切ですね。

自分に属性の近い人が語るストーリーで、疑似体験してもらう。

お客様の声を集める時は、これを念頭においてください。

編集後記

今回は、「お客様の声アンケートで聞くべき5つの質問」について、お伝えしました。

この5つの質問は、紙上で行うアンケートでも、そのまま使えます。

オンラインでもオフラインでも、本質は変わりません。

5つの質問で、材料を集めましょう。

お客様の声は、マーケティングにおける最大の資産です。

ぜひ実践してみてください。

※補足

お客様の声をオンラインに掲載する際は、もちろん本人の許可を取りましょう。

当たり前ですが、念の為、補足です。

あわせて読みたい
アンケートを無料で作成できるツール・サービス5選 お客さんの意見は商売を行っていく上で大切ですよね。 自分たちだけでは気付けない、意外な発見があったりします。 お客さんの生の声や意見を簡単に取り入れる方法は、...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる