ウェブサイトの導線設計 | ユーザーをコンバージョンさせるには?

「俺のデッキをドロー!」一世を風靡した「遊☆戯☆王」の主人公、武藤遊戯のセリフだ。あなたは遊戯王カードを知っているだろうか?我々と同じ世代なら遊戯王カードをプレイしていただろうし、上の世代であれば、お子さんがハマっていたかもしれない。

遊戯王カードは、主に2人対戦のカードゲームだ。お互いに「デッキ」という手持ちのカードを持ち寄り、攻撃したり、防御したりして、対戦(デュエル)をする。遊戯王カードには、ポケモンなどと同じように色々なカードがある。攻撃力が高い「ブルーアイズ」、カードを復活できる「死者蘇生」、魔法が得意な「ブラック・マジシャン」

他には、直接相手プレイヤーにダメージを与えることのできる「昼夜の大火事」などがある。(ネーミングセンスが良い)その中でも、最強のカードは、「封印されしエクゾディア」というカードだ。このカードは、「手元にそろった瞬間に勝ちが決まる」という超高校級(?)のカードである。

ポーカーでいえば、ロイヤルストレートフラッシュ、麻雀でいえば、天和・地和みたいなものだ。もちろん、これだけ強力なカードなのだから、当然、成立には条件がある。封印されしエクゾディアは、5枚のカードで構成されている。

封印されし者の「右手、左手、右足、左足」。それに加えて、「封印されしエクゾディア」本体。この5枚のカード、すべてをそろえる必要がある。先ほど紹介した「ブルーアイズ」の攻撃力は「3000」だが、封印されし者シリーズの攻撃力は、わずか「200」。

つまり、超弱い。要するに、エクゾディアは、「すべてそろえれば、勝ちが決まる」というとても強力なカードなのだが、1つ1つ単体では何の意味もなさない超弱いカードなのだ。これって何かとよく似ていないだろうか?そう、ウェブ集客と同じなのだ。

すべてをそろえなければ、超弱い

「ブログ・ステップメール(メールマガジン)・ランディングページ」。これらは、ウェブ集客の三種の神器である。ブログで集客して、ステップメール(メールマガジン)で情報提供して、ランディングページで商品・サービスを販売する。

アフィリエイトやアドセンスなどのようにアクセスを集めることが目的ではなく、スモールビジネスでウェブから売上を上げたい場合であれば、この流れが不変といえる。マーケティング的な観点から少し整理しよう。「集客=ブログ」「育成=ステップメール」「販売=ランディングページ」「維持=メールマガジン」。

それぞれのツールはこの流れの中で、一部を担っている。アフィリエイトやアドセンスなどの広告モデルとは異なり、実業をおこなうスモールビジネスの場合は、ただ単純に大量のアクセスをブログに集めても、その後の流れ(アクセス→コンバージョン)がなければ1円にもならない。

1つ1つでは超弱いツールなのだ。「ブログ単体=封印されし者の右手」「ステップメール単体=封印されし者の左手」「ランディングページ単体=封印されし者の右足」「メールマガジン=封印されし者の左足」といったところである。

それぞれの攻撃力なんて、せいぜい「200」くらいしかない。だが、ここに「導線設計」というエクゾディア本体がそろうと、「3000」を雄に凌いで、一気に勝ちが決まる。攻撃力200程度のカードが1、2枚あっても「200」や「400」にしかならない。1つ1つのツールだけに取り組むのではなく、全体からウェブ集客導線を設計していこう。

編集後記

私自身は、遊戯王カードを買ったことはない。

いつも友人からもらってプレイしていた。

おかげで仲間外れにされずにすんだ。あのときカードをくれた友人に感謝。

この記事への反響

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで