バズりの5条件 | ピコ太郎のペンパイナッポーアッポーペンを考察

「ペンパイナッポーアッポーペン」。一世を風靡した、大人気のYouTube動画「ペンパイナッポーアッポーペン」。あなたは見たことがあるだろうか?まだ見たことが無い場合は、一度見てみることをおすすめする。まぁ、毛嫌いせずに。

不思議な音楽ととともに、これまた不思議な衣装を着た男が踊っている。動画は、ジャスティン・ビーバーがシェアしたことにより爆発的に世に広まった。今や一億回以上も再生されている。世界中で人気を博し、いろいろなパロディ動画まで登場するほどの人気となった。

  • 韓国の「江南スタイル」
  • 日本の「ペンパイナッポーアッポーペン」

といったイメージだ。この「ペンパイナッポーアッポーペン」。なぜここまで流行った(バズった)のだろうか?もちろん、ジャスティン・ビーバーのシェアが火付け役となったのは間違いないのだが、それを抜きにしても、考察できる点はいくつかある。

動画の特徴をまとめていくと、バズった理由が垣間見えてくるのだ。今回は、「ペンパイナッポーアッポーペン」から学ぶ「バズりの5条件」についてみていこう。

バズりの5条件

「PPAPバズ法」

  1. 短い
  2. わかりやすい
  3. インパクトがある
  4. 真似しやすい
  5. 拡散しやすい

この5つが「ペンパイナッポーアッポーペン」動画の特徴であり、バズった5条件と考えられる。ひとつひとつ簡単に解説していこう。

1. 短い

今回の動画は「1分8秒」というとても短いものだ。この短さがポイントとなる。今やYouTubeにしても、ネットにしてもスマホ片手に気軽に楽しむことが主流である。

10分や20分といった動画は、気軽に楽しむことには向いていない。そんな中、1分程度の短い動画があれば、「とりあえず見てみようかな」という気持ちになる。この気楽さ・手軽さがポイントとなる。

2. わかりやすい

  • 「I have a pen」
  • 「I have an apple」
  • 「Apple pen」

ペンパイナッポーアッポーペンでは、とても簡単な英単語を使っている。どれも日本でいえば、中学校で習うものばかりである。このわかりやすさも一つのポイントだ。

3. インパクトがある

これはいうまでもない。内容はもちろん、衣装も奇抜なものを着てビジュアル的にもインパクトがある。これが何の変哲もない衣装だったらどうだろうか。おそらく印象に残らなかっただろう。インパクトのあるビジュアル。これも一つのポイントだ。

4. 真似しやすい

ペンパイナッポーアッポーペンは、振り付けが簡単なので、とても真似しやすい。ペンとアップルとパイナップルを、両手で組み合わせるだけである。真似しやすければ、広まりやすいのは、一発屋芸人などのネタなどからも明らかだろう。

5. 拡散しやすい

「拡散しやすい」というのは見落としがちなポイントだ。今回、ペンパイナッポーアッポーペン動画では白バックで撮影がされている。この白バックというのがポイントだ。背景が単色だと、動画の「切り抜き」がしやすいのだ。つまり、カスタマイズして遊べるということだ。

そのおかげで、世界中でパロディ動画が作られている。本家の動画に加えて、パロディ動画が作られれば、パロディから入った人は「本家もみてみたい」となるのはごく自然なことである。その結果、ペンパイナッポーアッポーペンの動画がより多くの人に広まるということになる。

編集後記

「おもしろコンテンツ」というのは、そのままでは活用できなさそうに思う。

でも特徴を分解してみていけば、一つ一つは我々スモールビジネスでも活用できるものがある。

大手と比べて、機動力のあるスモールビジネスが、時代を捉えているものに学ばない手はない。

この記事への反響

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで