メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【バズりの5条件】PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)から学ぼう

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

一世を風靡した、YouTube動画「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」。

あなたは、見たことがあるでしょうか?

もし、まだ見たことが無い場合は、一度見てみてください。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)

不思議な音楽と共に、これまた不思議な衣装を着た男性が、踊っています。

動画は、ジャスティン・ビーバーさんがシェアしたことにより、爆発的に世に広まりました。

今や、一億回以上も再生されています。

世界中で人気を博し、いろいろなパロディ動画まで登場するほどの人気となりました。

CDやDVD、衣装まで、販売されています。

なぜ、バズったのか?

この、「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」。

なぜ、ここまで流行った(バズった)のでしょうか?

もちろん、ジャスティン・ビーバーさんのシェアが火付け役となったのは間違いありません。

PPAPから学ぶ

ですが、それを抜きにしても、考察できる点がいくつかあります。

動画の特徴をまとめていくと、バズった理由が垣間見えてくるのです。

今回は、「PPAP」から学ぶ「バズりの5条件」について、見ていきましょう。

バズりの5条件

  1. 短い
  2. わかりやすい
  3. インパクトがある
  4. 真似しやすい
  5. 拡散しやすい

この5つが、「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」動画から学ぶ、バズりの5条件です。

ひとつひとつ、見ていきましょう。

1. 短い

PPAPの動画は、「1分8秒」という、短いものです。

この短さが、ポイントとなります。

今やYouTubeにしても、ネットにしても、スマホ片手に気軽に楽しむことが主流です。

「とりあえず、1回だけでも見てみようかな」

1時間や2時間といった動画は、気軽に楽しむことには向いていません。

そんな中、1分程度の短い動画。

「とりあえず、1回だけでも見てみようかな」という気持ちになりますね。

この気楽さ・手軽さがポイントです。

2. わかりやすい

  • 「I have a pen」
  • 「I have an apple」
  • 「Apple pen」

小学校や中学校で習うものばかり

PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)では、とても簡単な英単語を使っています。

どれも日本でいえば、小学校や中学校で習うものばかりです。

このわかりやすさも、一つのポイントです。

3. インパクトがある

インパクトがある。

これは、言うまでもありませんね。

内容はもちろん、衣装も奇抜なものを着て、ビジュアル的にインパクトがあります。

仮に、何の変哲もない衣装だったら、どうだったでしょうか。

何の変哲もない衣装だったら

おそらく、印象に残らなかったでしょう。

インパクトのあるビジュアル。

これも、一つのポイントです。

4. 真似しやすい

PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)は、振り付けが簡単です。

  • ペン
  • アップル
  • パイナップル

を、両手で組み合わせるだけです。

真似しやすければ、広まりやすい

ですので、とても真似しやすいですね。

真似しやすければ、広まりやすい。

というのは、一発屋芸人などのネタなどからも明らかですね。

5. 拡散しやすい

「拡散しやすい」というのは、見落としがちなポイントです。

今回、PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)動画では、白バックで撮影がされています。

この、白バックというのが、ポイントです。

カスタマイズして遊べる

背景が単色だと、動画の「切り抜き」がしやすいのです。

つまり、カスタマイズして遊べるということ。

そのおかげで、世界中でパロディ動画が作られました。

「本家も見てみたい」

本家の動画に加えて、パロディ動画が作られる。

そうすれば、パロディから入った人が、「本家も見てみたい」となる。

というのは、ごく自然なことです。

その結果、本家の動画が、より多くの人に再生されたということになります。

バズリについては、書籍を参考にしてみても、良いかもしれませんね。

編集後記

「おもしろコンテンツ」というのは、そのままでは活用できなさそうに思いますね。

でも特徴を分解してみていけば、一つ一つは、我々でも活用できるものがあります。

大手と比べて、機動力のある我々が、時代を捉えたものに学ばない手はありません。

PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)から、バズりを学んでいきましょう。

あわせて読みたい
【脱・退屈発信】キングオブコントの松本人志さんのコメントに学ぼう 「はよ出てこいや〜!」 ゆっくりと登場する審査員の バナナマンさん さまぁ〜ずさん 松本人志さん 彼らへの浜田雅功さんのツッコミから、2016年のキングオブコントは始...
あわせて読みたい
【商売とウェブ集客の鉄則】三田紀房さんの「マネーの拳」に学ぼう 「東大へ行けっ!」(三田 紀房『ドラゴン桜』/講談社) ドラマにもなった受験マンガ、「ドラゴン桜」の有名なセリフです。 阿部寛さんが歯切れ良く、このセリフを言っ...
あわせて読みたい
【ブログ集客は難しい?】日清食品CMのビートたけしさんから学ぼう 日清カップヌードルのCMを、覚えているでしょうか? ビートたけしさんが、出演されていたものです。 CMには、いくつかのバージョンがありました。 【強いメッセージ性】...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる