メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化のウェブ集客に関するオンライン学習プログラムやDVD、電子書籍を提供。「ノウハウがわかっても、実践方法がわからない」というスモールビジネスオーナーの悩みを解決すべく、セミナーやワークショップも開催している。

ウェブ集客に効く!「ストーリー」を作る4ステップ

URLをコピーする
URLをコピーしました!
このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

「それなら死ぬな!どんなに苦しくても、生き延びる努力をしろ」

涙ながらに叫ぶV6の岡田准一演じる、宮部久蔵。

個人的には、このシーンが一番胸に刺さりました。

先日、百田尚樹氏の名作「永遠の0」を観ました。

小説は読んだことがありますが、映像でも見たくなり(笑)。

前から気になってはいたんですが、なかなか見る機会が無かったんですね。

永遠の0とは、真珠湾攻撃からガダルカナル島の戦いで知られる太平洋戦争時代を生きた、ゼロ戦操縦士宮部久蔵の生涯を描いた作品です。

愛する家族を残して特攻隊として人生を全うした宮部の生き様に感嘆した人も多いでしょう。

宮部の生き様には、組織を率いるリーダーやトップの理想像が垣間見えました。

という、感想は置いておいて…。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

なぜヒットする?

この映画では、先述した宮部久蔵という主人公がいました。

この宮部という主人公を核として、物語が進みました。

これが、何の主人公もなしにただの戦争について論じた物語だったらどうでしょう。

「この戦争で、多くの日本人操縦士が命を落とした」

これはこれで、村落思考の日本人の心は動くかもしれません。

ですが、ここまで話題になる作品にはならないでしょう。

しかし、

「宮部久蔵という勇敢な操縦士が家族を置いて特攻隊として命を落とした」

となれば、多くの人の琴線に触れ、話題を生むのです。

これはなぜでしょか。

主人公の重要性

答えは簡単ですね。主人公がいるからなんです。

「多くの操縦士」とするよりも、「宮部久蔵」という固有名詞の方が記憶に残ります。

1人の人生にフォーカスして物語を描くことで、観た人は一層感情移入しやすくなります。

1人の人物にフォーカスすれば、その人を取り囲む人々や周辺情報(コンテクスト)がはっきりします。

よりリアルな描写となり、物語に引き込まれていくわけです。

おそらく主人公が不在であれば、映画を見て涙ぐむ人は、極端に減るでしょう。

映画で言えば、言わずもがなの主人公。

ウェブマーケティングでうまく使えていますか?

「主人公」いますか?

先日、YouTubeで「その時、歴史が動いた」の土方歳三の回を観ていました。

そこで、とある学者がこのように言っていました。

「土方歳三みたいな奴は、他にもいたわけで…」「そのような人物の代表者として、偶然有名になった」

名が知れ有名になった人以外にも、似たような志をもって、人生を全うした人はいるということですね。

単に、参考資料がないだけで、埋もれてしまっている人はいるかもしれません。

すなわち、私たちからすれば、過去の素晴らしい改革や偉業を成し遂げた人は、どうでもいいのかもしれません(笑)。

その偉業をやった人が、宮部久蔵や土方歳三だと立てることで、感情移入するわけです。

主人公がいるだけで、感情移入しやすくなる

  • 他にも勇敢な操縦士はいたかもしれないけど、宮部久蔵
  • 他にも天才的な武士はいたかもしれないけど、土方歳三

主人公をつけることで、物語は人を惹き付ける、魅力的な作品になります。

実はこれ、ウェブマーケティングでも、全く同じことが言えます。

ウェブマーケティングの主人公

ウェブでお客様に商品を売るのは、ランディングページですよね。

そのランディングページでは、要素として、頻繁に「成功事例」や「お客様の声」を提示します。

それらがあることで、まだサービスを受けていな人に、疑似体験してもらうんですね。

しかし、ただ単に成功事例、お客さまの声を載せるよりも、主人公を立てて、物語で語る方が、より響くでしょう。

ランディングページ以外にも活用できる

ランディングページだけではありません。

プレゼンや商談の際にも、主人公を立てた物語は効果的です。

いわば、セールスを行う上では、主人公を立てた物語は大変な武器になります。

では、どのようにウェブマーケティングで、主人公を活用していけばいいのか。

やり方は次の4ステップです。

主人公を作る4ステップ

1.商品を買って欲しいターゲットを決める
2.そのターゲットに似た既存客をリストアップ
3.その既存客の、成長物語をまとめる
4.その物語を、ランディングページ、ステップメール、ブログで発信する

最大のポイントは、理想とするターゲットに酷似した、主人公を設定することです。

「まるで私のようだ!」と、勝手に思ってくれるようになります。

主人公の物語を聞くだけで、あなたの商品サービスの魅力をわかってくれるようになります。

売り込まずとも、売れていくようになるわけですね。

そして物語の流れも、「紆余曲折ありの挫折混じりの成功ストーリー」にします。

山あり谷ありの物語に、多くの人は感動しますからね。

ぜひ、主人公を立てた物語をウェブマーケティングに活用してください。

その物語を見た人が、明確に成功した未来を、イメージできるようになれば合格ですね。

編集後記

一見、難しそうな歴史も、物語でみるとわかりやすいですよね。

「漫画でわかる!」シリーズに人気が出るのも、分かる気がします。

上手く、腹落ちさせるストーリーの威力を活用していきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる