メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

【コンテンツ作りの2ステップ】無料の情報が溢れる中で選ばれる方法

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

新たな分野のスキルを学ぶ際、どのようにしていますか?

  • 関連する本を読む
  • セミナー・講座に参加する
  • その道のプロに、個別で指導してもらう

このあたりが、一般的でしょう。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

ウクレレの習得

私が、ウクレレの習得を考えたときも同じでした。

入門書で基礎を学んだら、教室に通って、プロに習おう。

その予定でした。

ところが、半年が過ぎても、ウクレレ教室には通いませんでした。

入門書は、多少読みましたが。

YouTubeで独学

「ははーん。挫折したんだな?」と思う方もいるかも知れません。

いえ。むしろ…ウクレレの腕はかなり上達しました。

いったいどのようにウクレレを習得したのか。

それは、YouTubeです。

YouTubeで十分上達する

通常であれば、音楽スクールに通ったり、個別レッスンを受けるでしょう。

定額でお金を払うとか、教材等を購入するかもしれません。

しかし私は、YouTubeオンリーでした。つまり、無料。

お金をかけずとも、かなりの腕まで上達することができたのです。

得意曲は、アンダー・ザ・シーです(笑)。

無料で情報があふれる時代

この経験で思うことは、「コンテンツは無料が当たり前」ということ。

数年前から、コンテンツ価値はゼロになるということは言われてきました。

間違いなく、その趨勢は今後加速します。

「わざわざお金を出さなくても、高品質なものが手に入る」

その片鱗は、もうスモールビジネス界隈でも顕著ですよね。

発信者が増えた

以前に比べて、明らかに情報の発信者が増えました。

  1. YouTuber
  2. ブロガー
  3. インスタグラマー
  4. ティックトッカー
  5. …etc

自分の意見や世界観を、メディアを通して容易に発信できる。

信頼の所在は、マスメディアから個人メディアへと移り変わっています。

有料級は、当たり前

スモールビジネスに必要な情報も、無料で手に入ります。

無料なのに、有料級の情報であることも往々にしております。

本を買うよりも、ブログ記事のほうが良質なんてこともザラ。

そうなると、もう大変。ユーザーの目は肥えてきます。

「情報=無料」の社会をどう生きるか

ユーザーは、「無料で良質な情報が手に入る」ことに、慣れています。

このような環境下で、どのように情報発信をすれば良いのでしょうか。

どうすれば、情報発信から、お客さん獲得に繋げられるのでしょう。

大切なポイントは、、、

「判断の手間」を取り除く

人には、「選びたい」という欲があります。

しかし、選択肢が多すぎると「選ぶのが面倒」となります。

その選択のストレスを、できるだけ和らげるのです。

「判断をする手間を、可能な限り省略させてあげる」

これがポイントになります。

2ステップでコンテンツを作る

そしてそれは、2ステップで実現できます。

2ステップとは、

  1. 情報を翻訳する
  2. レベル別コンテンツを用意する

です。

(1)情報を翻訳する

まずは、世の中の情報を、わかりやすく翻訳してあげます。

散らかった情報を、わかりやすく整理する。

田舎のおばあちゃんでも分かるように、説明してあげるということです。

(2)レベル別コンテンツを用意する

そして次。

  • 初心者
  • 中級者
  • 上級者

というレベルごとに、満足できるコンテンツを用意してあげます。

初心者が、成長して、あなたの元を離れないようにすることも大切です。

次に攻略すべきハードルを設定して、それを助けるコンテンツを提供します。

このあたり、コンテンツを使って商売をされている方は、ぜひ考えてみてください。

編集後記

情報発信において、「わかりやすい」は、正義です。

ごちゃごちゃした情報をまとめるだけで、価値が生まれます。

そして、それをあらゆるレベルの人に届ける。

ベネッセが意識していることは、

「生まれてから死ぬまで、人生にずっと寄り添う商品を提供すること」

だそうです。

これもまさに、長期的目線でのコンテンツ戦略ですね。

あわせて読みたい
【情報発信で差別化】ユーザー心理を考えたコンテンツ制作の秘訣とは? SMAP解散。 我々世代であれば、芸能史に残るビッグイベントでしょう。 そんなSMAP解散騒動の折に、明石家さんまさんの発言が話題になりました。 【「俺は木村派や〜」】...
あわせて読みたい
【価格だけで選ばれない為の情報発信法】祇園笑者のトークに学ぼう 「お前は、かっこつけてるだけだろ!」 パンクブーブーの佐藤さんが言うと、トータルテンボスの大村さんが慌てて弁解する。 お笑い芸人のトーク番組、「祇園笑者」の、...
あわせて読みたい
【選ばれる商品・サービス】セールスで大切なのは「簡潔」であること 「本好きのスタッフが選ぶ、今月のおすすめ書籍ピックアップ」 本屋に行くと、よく目にする宣伝文句です。 手垢のついた表現ではありますが、、、 こうした「おすすめ」...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる