fbpx

起業して成功するために覚えてくべきコツ | 失敗しないオファー作り

商品・サービスを作って告知したのに、売れない。

この原因を1つに絞ることは難しいでしょう。

しかし、まずはじめに考えてほしいことがあります。

それは、「魅力的なオファーかどうか」です。

断ることがバカらしいオファーを作る

魅力的なオファーとは、言い換えれば、「断ることが難しい」提案です。

見込み客に、商品サービスを提案する際に、

「これ買わないのはバカらしいな、勿体無いな〜」

と、自分自身が感じていますでしょうか。

まずは、商品に対する誇り

つまり、それくらい自信のある商品・サービスということになりますね。

売れない営業マンのよくある事例で、自社の商品・サービスについて理解が乏しい、ということがあります。

自分自身が良さを完全に理解していないのに、他人に伝わるはずがありません。

「誰に売るか」は前提の話

商品・サービスに理解がある上で、次に大切なのはターゲットです。

正しいターゲットに提案しなければ、興味すらもってもらえませんからね。

(この辺はマーケティングでも手垢のついたことなので、詳細は割愛します)

その上で、魅力的なオファーを考える

  • 自社商品を理解する
  • ターゲットを絞る

この2つを行った上で、オファーを作ります。

難しいことはありません。

前後のステップを洗い出す

魅力的なオファーを作るには、いまある商品サービスの前後で、「必要となるステップ」を考えます。

ターゲットのお客さんに必要なことが、網羅されていると、オファーは強まります。

  • ターゲットに「必要なこと」をすべて教える
  • その上で、それを提供してあげる

これができれば、第一歩は上出来でしょう。

例えば

例えばブログマーケティングのサポートをしている方であれば、

  • サーバー・ドメインの契約
  • WordPress(ワードプレス)の導入
  • Googleアナリティクスのサポート
  • …etc

このような、ブログ記事を書く行為の前後に、細かい作業が生じてきます。

前後で必要なことをパッケージ化

前後のサポートも加味して、商品サービスをパーケージ化する。

そうすることで、欲しいと思う人は格段に増えます。

まずは、お客さんが望んでいることをすべてやってあげることも、アリです。

さらに、味付け

また重要な要素として、

  • 魅力的な特典、プレゼント
  • 特別割引
  • 保証

があります。

「申し込まない方が損をする」というような、印象を持ってもらえます。

安すぎない?

「ここまでやってこの値段だよ?安すぎない?」

というサービスを作ることが、はじめの一歩です。

単価を上げていくのは、その後でも遅くはありません。

喉から手が出るほど欲しい

いくら考えても、思いつかない。

そんな時は、お客さんに直接聞きましょう。

  • 実際に会う
  • ビデオ会議ツールで
  • SNSのメッセージで
  • メルマガで

手段はいくらでもあります。

ぜひ、オファーを見直してみましょう。

編集後記

先述しましたが、相手が欲しくなる商品を作るのは、当然ターゲット分析が重要です。

「誰に何を」が大前提なので、まずはターゲットをカッチリ決めることから始めましょう。

そして、その人が断ることが難しいオファーを考えてみましょう。

「競合が行っていないけど、ターゲットのお客さんが実は欲しがっているもの」

がヒントです。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで