fbpx

弱みが強み!差別化できる強みやUSPの見つけ方と伝え方

ウサイン・ボルトといえば、誰もが知るスーパースターですね。

陸上好き、スポーツ好き、いや、もはや誰でもその名を知っていることでしょう。

彼の走りは、何度見ても、圧巻です。

なんであんなに速い?

それにしても、なんでボルトはあそこまで速いのでしょうか。

  • 才能
  • 努力
  • 体格
  • …etc

様々な要因はあるでしょう。

体格で言うと、ボルトは196cmあります。

その他の選手に比べ、体格には恵まれています。

むしろ、体格は弊害?

でも実は、瞬発力の求められる短距離走では、体格は弊害にもなるのです。

ほとんどの選手の平均身長は、180cmと言われています。

彼らに比べると、大型のボルトは体格的に不利らしいのです。

それでも、あの強さには凄まじいものがありますよね。

実は、持病も抱えていた

さらに、ボルトは「脊椎側湾症」という持病を抱えています。

「脊椎側湾症」とは、背骨がS字に曲がってしまう病気。

体の発達とともに、体に影響が出てしまうのです。

この持病が原因で、以前のボルトは速く走れなかったそうです。

でも、金メダルの嵐

ところが、強い。

金メダル連発、3冠達成…。

伝説を残し、全世界にその名を轟かせました。

なぜそんな事ができたのか?

その答えは、ボルトの対応力にあります。

強さの秘密は、対応力

自分の弱点を活かし、ハンディキャップを克服したのです。

体を左右に揺らしながら、体勢を整える。

ボルトは、独自の走り方を身につけました。

よく見ると、ボルトの走り方は特徴的ですよね。

弱みを強みに転換

ボルトは、

  • 体格が不利→他の選手より大きな1歩
  • 脊椎側湾症→体を左右に揺らし、揺れと走りを連動させる

というように、克服したのです。

不利な部分すら、活かす

ボルトは、例え自分に不利な部分があっても、

  • その特徴を活かした走り方を模索して、
  • その走りができる体の仕組みを作り上げる

という努力を行ったのです。

自分の特徴を活かすという意味では、商売でも大切な考え方になります。

特徴を活かし、それを強みに見せる

自社の特徴をうまく利用して、競合と差別化をする。

これができれば、商売は有利に行うことができます。

ターゲットとなるお客さんに対して、

  • 他とどう違うのか
  • 自社の商品・サービスを受けると、どう嬉しいのか

といった部分を明確にしなければ、売ることは容易ではありません。

独自性を出す

商品は、「何を買うか」ではなく「誰から買うか」がポイントです。

そのためには、きちんと独自性を出す必要があります。

独自性を出すために必要なことは、まず自分の「負」をわきまえることです。

自分を卑下するのではなく、できないことを認めるんです。

弱みを強みに転換できないか

これを機会に、自分が弱みだと思っていることを洗い出してみましょう。

その弱みは、強みを見つける足がかりになります。

私たちのお客さんも、それを実践しています。

あるコンサルタントの事例

私たちのお客さんで、コンサルタントの方がいます。

その方は、家庭の事情があり、業務すべてをオンラインで行う必要がありました。

本当は、交流会やセミナー等のオフラインで営業したい。

でもできない。葛藤があったそうです。

強みにしてしまえ

ところが、ある時から考えが変わります。

「オンラインしかできないのなら、それを強みにしてしまえ」

となったのです。

むしろ、オンラインのがよくない?

オンラインのほうが、

  • 場所に縛られない
  • 交通費もかからない
  • 録画も残せる
  • …etc

このように、お客さんにとってのメリットを考えていったそうです。

オンラインならではの強みを考え、それをセールスポイントにしました。

すると、うまくいき始めたのです。

自分都合でいい

自分の商売は自分のものです。

自分がやりたいようにやればいのです。

例え弱みでも、「むしろ、このほうがいい」と開き直る。

まるで強みのように、堂々としていればいいのです。

ボルトが弱点を克服し金メダルを獲得したように、自社の弱みを強みに変えて、商売を行っていきましょう。

編集後記

どんな優れた商品・サービスであろうとも、結局は「誰から買いたいか」に尽きます。

モノよりも、ヒト。

モノでの差別化は難しいかもしれませんが、ヒトであれば比較的簡単にできます。

「負」を認めることで、自分らしさへと繋がります。

「むしろ、このほうがいい」と考えましょう。

(参考:差別化をせずに済むために、コンテンツで、「おもてなし」をしよう