金融ポートフォリオと集客の関係性 | 投資の考え方で資産構築

「自分の力でお金を稼げるようになりたい」。そう思って、学生時代に株式投資やFXを始めた。

・・・いや、白状しよう。本当は、「面倒くさいアルバイトをやりたくない」。その一心で株式投資やFXを始めた。株式投資やFX以外にも、

  • ポイントサイト
  • アフィリエイト
  • Googleアドセンス
  • YouTube広告
  • ミステリーショッパー
  • ドロップシッピング
  • ヤフーオークション
  • …etc

など様々な手段を使って、お小遣い稼ぎに勤しんでいた。とにかくバイトをしたくなかったのだ。ちなみに、このときの経験のおかげでウェブに詳しくなった。友達が遊び呆けている中、少しでも「将来のために」と頑張っていた学生時代の自分を褒めてやりたい。

さて、様々な手段を使って、お小遣い稼ぎに勤しんでいたのだが、その中でも特に株式投資とFXに興味を持った。投資の世界はなかなかおもしろくて、勉強すればするほど、世の中のことがわかってくる。(少なくともわかった気になる)

Amazonで検索しては、投資関連の本を買い漁って、勉強していた。投資の知識というのは、商売の様々な場面で活かすことができるのだが、今回はその中から一つをピックアップして紹介しよう。その一つとは…

ポートフォリオ戦略

「効率良く利益を上げることを目的として、さまざまな金融商品に投資をすること」。これをポートフォリオという。「ポートフォリオを組む」とか「ポートフォリオ戦略」なんていったりする。

すごく簡単に言うと、「一つがダメでも、他のものでカバーする」ということ。要するにリスクヘッジのことだ。一般的に、何かの金融商品が上がったら、何かの金融商品は下がる。債券が上がると株は下がる、みたいに。

つまり、何かが下がっても、何かが上がれば補えるように、あらかじめどちらの金融商品も買っておくこと。これを「ポートフォリオを組む」という。(配分をどうするかなどの細かい話は割愛する)

これを商売にどう活用するのか。スモールビジネスのウェブ集客を例にとろう。スモールビジネスが、ウェブから集客する手段はたくさんある。

  • アメブロ
  • はてなブログ
  • ワードプレス
  • ポータルサイト
  • メールマガジン
  • ユーチューブ
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • フェイスブック広告
  • …etc

結論からいうと、「一つの手段に頼っていては、危ない」ということである。理由は簡単だ。

  • ブログやユーチューブで集客できていたけど、いつかできなくなるかもしれない
  • アメブロやはてなブログが、いつかサービス停止するかもしれない
  • フェイスブックやツイッター、インスタグラムがなくなるかもしれない

全部、十分にありえる話だろう。というか、商売人なら常に最悪の事態を想定していないと、巻き込まれる家族やスタッフが可愛そうだ。このとき、一つの手段に頼っていると、途端に集客することができなくなってしまう。これは怖い。だから、色々な集客手段を使った方が良いのだ。

とはいっても、全部をやるなんて難しい。そのときに大切になってくるのが「順番」である。商売人にとって、「集客」というのは切羽詰まった事項だろう。集客できなければ、事業をたたむしかなくなってしまう。だから、かっこつけて悠長なことも言ってられない。

だからこそ、順番をつけて取り組んでいく必要がある。通常、

  • 無料でできるもの→「お金かからない、でも時間かかる」
  • 有料でできるもの→「お金かかる、でも時間かからない」

両者の特徴を上手に活かすのだ。要するに、「時間のかからない有料の集客手段で集客している内に、お金のかからない無料の集客手段を育てておく」ということである。

そうすれば、一つの集客手段がダメになったとしても、他の集客手段で代替することができる。一つの集客手段だけに依存するのではなく、色々な集客手段に取り組むことをおすすめする。

編集後記

ウチが運営しているメディアは、グーグルで「このは屋」と検索すると出てくる。

「このは屋」のグーグル検索結果

参考までに。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで