fbpx

ワードプレスとアメブロの違い | 集客のために知っておきたい基礎知識

「やっぱり、アメブロよりもワードプレスのほうがいいですかね?」

お客さんから、頻繁にいただく質問です。

そして、いつも回答は決まっています。

「ワードプレスにしましょう」と。

理由は、単純です。

ワードプレスは、自分のもの

ワードプレスを使って、ブログを作る。

これは、自分のものになります。

一生商売に活用できる、資産となります。

アメブロは、他人のもの

アメブロを使ってブログを作る。

これでは、残念ながら、自分のものになりません。

そアメブロの運営者側(サイバーエージェント)の所有物だからです。

もし、突然消えたらどうする?

アメブロを使って、頑張ってブログを書く。

しかし突然、そのブログがこの世から消えてしまったらどうでしょう。

これは、十分にありえることです。

ブログ記事=資産

ブログ記事は、間違いなく資産です。

書けば書くほど、積み上がります。

そしてその記事が、お客さんを連れてきてくれるのです。

資産が消える可能性

コツコツと続けたものが、突然消える。

そんな状況で、継続をするのは、非常に危険ですよね。

コツコツ続けられるのは、それが報われると信じれるからです。

でも、その努力が水の泡になる可能性を秘めていたら?

自分のものか、他人のものか

よく考えましょう。

コツコツ積み上げた資産を、

  • 自分で管理できるようにしておく
  • 相手のさじ加減に任せておく

どちらが、安全でしょうか。言うまでもありませんね。

カバー曲とオリジナル曲

歌手でも同じです。

自分のオリジナル曲を持っている歌手。

誰かの楽曲をカバーする歌手。

息の長いのは、どちらでしょうか。

カバー曲は、相手のさじ加減で決まる

カバーで歌うには、許可も必要でしょう。

例え、歌えたとしても、

作詞家・作曲家が「ノー」と言えば、その時点で、終了です。

資産の所有権

当たり前ですよね。

楽曲の所有権は、作った側にありますからね。

どれだけうまく歌おうとも、売れようとも、どうすることもできません。

作った側のさじ加減で決まります。

自分のブログやサイトも同じ

あなたのブログやサイトは、あなたのものであるべきです。

「自分のコントロール下に置く」ことなしに、商売でやりたいことはできません。

商用利用が許されていても、1つ1つ行動には規範があります。

あちら側のさじ加減で、いかようにもなってしまうのです。

ウェブ集客でよくある手法

多くの方は、ウェブ集客に悩みます。

  • アメブロ
  • 各種SNS
  • ポータルサイト

などを使い、集客活動をするわけです。

これが、歌手でいうと、カバー曲になります。

つまり、他社のサービス内で、集客を行っているんですね。

サービスが終われば、使えない

仮に、そのサービスが終了したとします。

そうなると、その手はもう使えません。

それらのサービスに依存していれば、のっぴきならない状態に陥りるでしょう。

長期的に商売をやるなら、オウンドメディアを持つ

着実に、息の長いウェブ集客を行う。

そのためには、自分所有のメディア(オウンドメディア)を持つことが必要です。

管理者のさじ加減でルールが変わってしまう、誰かのメディアではなく、自分が管理できるメディアです。

自分のメディアを持った上で、次を考える

もちろん、誰かのメディアに乗っかるもの有効です。

その場合は、自分のメディアを持った上で、他社メディアを使いましょう。

軸足は、常に自分のメディア。順番が問題なのです。

ワードプレスで自分のメディアを作る

自分のメディアは、ワードプレスがあれば、持つことができます。

テンプレートもたくさん用意されているので、初心者でも始められます。

ワードプレスを使えば、いつ消されるかわからない不安はなくなります。

そうなれば、ようやく安心して、コツコツ積み上げることができますね。

(参考:電車の優先席とウェブマーケティング手法の将来性の話

編集後記

アメブロを使うのであれば、ソーシャルメディアの役割で使うといいですね。

「絶対に駄目」という手法は、存在しません。

すべてに、得手不得手、役割があります。

「こんな使い方は有効だけど、こういう使い方は適さない」

メディアにも、個性があるんですね。

まずは、自分のメディアを育てていきましょう。

この記事への反響

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで