ホームページ完成後に必要になってくる運用保守とは

ホームページを作成した後に手を付けないまま放置している状態な方、結構多いです。

当たり前ですがホームページは完成したからといって、それっきりではなく、現実世界の店舗のように自分で管理していかなくてはなりません。

今回は、「ホームページ完成後に必要になってくる運用保守とは」についてご紹介します。

サーバーとドメインの更新

サーバーとドメインも契約内容に沿って、更新作業をする必要があります。

それぞれ有効期限があるので、注意が必要です。契約内容は意外とないがしろにされている方が多いので、確認しておきましょう。

また、契約しているサーバー会社とドメインを取得した会社からのメールは、確認しておくといいです。

放置しておくとサーバーとドメインが使えなくなってしまうことあります。

CMSのアップデート

WordPressなどのCMSは定期的にバージョンアップをしています。このバージョンアップの作業は手動が必要になってきます。

ところでWordPressのバージョンアップは、「1.2.3」といった3つの数字で表記されています。

左から2つの数字がメジャーバージョンとなり、最後の3つ目の数字がマイナーバージョンです。

マイナーバージョンのアップデードは自動更新されますが、メジャーバージョンのアップデードは手動で行う必要があります。

アップデード前に念の為、バックアップをとっておきましょう。

後悔する前に!バックアップ取得系WordPressプラグイン2選

コンテンツの更新作業

情報が変化した際に各ページ内容の更新作業をする必要があります。

時間が経過して、ブログ記事で紹介した内容が新しくなった場合は、それを修正します。

また、リンク切れがあったら確認したり、会社の方針や住所が変更になったら会社概要ページも変更したります。

編集後記

今回は、「ホームページ完成後に必要になってくる運用保守とは」についてご紹介しました。

ホームページは完成したらそれで終わりという意識は危険です。

ぜひ参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで