メニュー
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎
スモールビジネス特化の学び舎。商売と生活と文化を結び付ける生涯学習カルチャーセンター。初心者のスモールビジネスオーナーに向けて、パソコン教室、各種ワークショップ等、カルチャーセンターを運営。ネットから集客する方法、オンラインで商売する方法、労働集約型から知識集約型へ移行する方法、サブスクリプションで収益を安定させる方法…etc。鼻歌まじりの商売と生涯を、ワンストップで、トータルにサポートしている。

ブログ記事は一旦寝かしてリライト(修正)をするのがおすすめな理由

このは屋
このは屋
スモールビジネス特化の学び舎 このは屋です。

ブログ記事の更新作業って、大変ですよね。

「量より質」といった意見もあるので、人によっては嫌になって更新作業がストップしてしまうのではないでしょうか。

確かに一理ありますが、正直これではハードルばかりが上がってしまいます。

質はまずはおいといて、量をこなした方がずっと継続しやすいと思います。

ただ、質が悪い記事をそのままにしておくのも、よくないことには変わりないです。

そこで、今回は「ブログ記事は一旦寝かしてリライトするのがおすすめな理由」をご紹介します。

目次

【広告】このは屋の「おすすめ」

参考にしてみてください♪
このは屋
このは屋

リライトするのがおすすめな理由

日頃から文章を書くのが習慣になっているような人なら別ですが、そうじゃない人はなかなか文章を書くのは難しいですよね。

言葉で話すのとは、別の頭を使いますし、慣れなところもあります。

また、日頃から文章を書くのが習慣になっているような人でも、ビジネス文章とはまた違います。

ウェブライティングについては勝手が違って上手くかけない事もありますよね。

なので、まずはとりあえず更新してみるのをおすすめします。

ウェブ上の文章作成に慣れていった状態でリライトをすればいいのです。

リライトするまでの期限は?

リライトする記事を見つけるにあたり、基準として3ヶ月がいいとされています。

3ヶ月ほど経過してみないと、記事の良し悪しが判断できません。

意外と自分では、そんなにいい出来ではなかった記事が、検索結果の1ページ目にくることだってあります。

3ヶ月たってみての反応を確認してみましょう。

そこ際に、SearchConsole(サーチコンソール)を使うといいです。

また、全ての記事をリライトするというよりは、ある程度の判断基準を満たした記事の方が効率的です。

SearchConsoleの基本については、以下を確認してください。

あわせて読みたい
【初心者向け】導入必須の解析ツールSearchConsoleの使い方 サイト解析ツールSearchConsoleの導入は、ウェブサイトを運営していく上で必須です。 導入には設定が必要だったり、導入したけど使い方がわからない、という方もいると...

リライトする具体的な方法

シンプルに言うと更新した記事を再編集するのがリライトです。

とはいえ、SearchConsole(サーチコンソール)を使って該当記事を見つけたりと、注意点があったりと、奥が深いです。

とはいえ、0から1の作業ではないので、ハードルを低く感じてほしいです。

具体的なリライトする方法については、以下の参考記事でわかりやすく解説されています。

株式会社ディーボ - SEOラボ
ブログ記事をリライトするには?方法や注意点など徹底解説!|SEOラボ ブログのリライトとは、ユーザーの利便性を考慮したうえで、既存のブログ記事の内容を新たに書き換えることです。とくに検索順位が低い記事に対してブログのリライトを行い...
初心者のためのブログ始め方講座
ブログ記事をリライトするタイミングや方法は?コツや注意点まで解説 記事の検索順位を上げるためのリライトの方法を解説しています。ブログ運営ではリライトしながら狙ったキーワードで記事を上位表示させていく作業が大事です。ユーザーにと...
あわせて読みたい
【初心者必見】ブログ記事のリライトとは?SEO効果を高めるコツをご紹介 記事のリライトをしても、なかなか効果が出ずに困っているという方も多いのではないでしょうか。この記事では、オウンドメディアの運用において重要な施策のひとつであるリ...

編集後記

今回は、「ブログ記事は一旦寝かしてリライトするのがおすすめな理由」についてご紹介しました。

これで、効率良く作成した記事をリライトできますね。

今回の内容は、できるだけハードルを下げてほしいという意味合いで、質は意識しなくてもいいとお話しました。

しかし、慣れてきたら、良質な記事を作成した方がいいというのも、事実です。

記事の書き方については、以下の書籍を参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる