ブログ記事は一旦寝かしてリライトするのがおすすめな理由

ブログ記事の更新作業って、大変ですよね。

「量より質」といった意見もあるので、人によっては嫌になって更新作業がストップしてしまうのではないでしょうか。

確かに一理ありますが、正直これではハードルばかりが上がってしまうので、質はまずはおいといて量をこなした方がずっと継続しやすいと思います。(私がそうでしたし。)

しかし、質が悪い記事をそのままにしておくのも、よくないことには変わりないので、今回は「ブログ記事は一旦寝かしてリライトするのがおすすめな理由」をご紹介します。

リライトするのがおすすめな理由

日頃から文章を書くのが習慣になっているような人なら別ですが、そうじゃない人はなかなか文章を書くのは難しいですよね。

言葉で話すのとは、別の頭を使いますし、慣れのようなところもあります。

また、日頃から文章を書くのが習慣になっているような人でも、ビジネス文章とはまた違うので、もしかしたらウェブライティングについては勝手が違って上手くかけない事もあります。

なので、まずは更新してみるのをおすすめします。

ウェブ上の文章作成に慣れていった状態でリライトをすればいいのです。

リライトするまでの期限は?

リライトする記事を見つけるにあたり、基準として3ヶ月がいいとされています。

3ヶ月ほど経過してみないと、記事の良し悪しが判断できません。

意外と自分では、そんなにいい出来ではなかった記事が、検索結果の1ページ目にくることだってあります。

3ヶ月たってみての反応を確認してみましょう。

そこ際に、SearchConsole(サーチコンソール)を使うといいです。

また、全ての記事をリライトするというよりは、ある程度の判断基準を満たした記事の方が効率的です。

それについては以下を確認してください。

リライトする具体的な方法

シンプルに言うと更新した記事を再編集するのがリライトですが、SearchConsole(サーチコンソール)を使って該当記事を見つけたりと、注意点があったりと、奥が深いです。

とはいえ、0から1の作業ではないので、ハードルを低く感じてほしいです。

具体的なリライトする方法については、以下の参考記事でわかりやすく解説されています。

編集後記

今回は、「ブログ記事は一旦寝かしてリライトするのがおすすめな理由」についてご紹介しました。

これで、効率良く作成した記事をリライトできますね。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで