そもそもSEOってなに?SEOの基本的なところを解説

SEOって言葉を聞いたことがないですか?

ウェブ関連の情報を仕入れていると、SEOが重要なのは聞いたことがあると思います。

しかし、そもそもこのSEOってなんなのか?ってところをよく理解していない方に、今回は完全初心者向けにご紹介します。

そもそもSEOってなに?

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略で、Googleの検索エンジンで上位表示させることです。

そういえば、検索エンジンの話からYahooって最近あまり聞かないなーと思った方、いると思います。

それについては、2011年からYahooもGoogleの検索技術を利用している為です。

なので、検索表示で上位表示させる仕組みもGoogleで、実質日本でネットをやっていく場合、Googleに最適化することになります。

検索結果に上位表示されるのがなぜ重要?

以下の記事を参照してほしいのですが、検索エンジンの1ページ目に表示されるとクリック率21,12%で、10位が1,64%なのを考えるとかなり高い数値です。

【2017年夏】グーグル検索結果のクリック率データ: 1位は21%、2位は……【SEO記事11本まとめ】

といったことを考えると、上位表示するとたくさんの人に自分のサイトを見てもらえるようになります。

自分のサイトを見てもらえるとどうなるかというと、売上に直結します。

もちろん、サイト内にきちんと導線を設計していないと意味がないです。

検索エンジンに表示されないということは、認知されるのが厳しいので存在しないと同じことになってしまいます。

SEOはあくまで商品を売る手段

SEOは商品を売る手段、もしくは顧客を増やす手段です。

SEO自体が目的になって、ひたすら上位表示を目指しても実際に売る商品・サービスがないと意味がないです。

自分の商品・サービスがないユーザーは商品・サービスを紹介して売っています。これがアフィリエイトですね。

スモールビジネスオーナーの皆さんは、きっと提供したい商品・サービスがあると思います。

それを多くのユーザーに届ける為の手段として、導線設計を考えた上でSEOに取り組めるといいですね。

編集後記

今回は、「そもそもSEOとは?」について解説しました。

といっても、今回ご紹介したのはSEOの入り口となる初歩的なところです。

具体的なところは追々解説していきたいと思います。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで