fbpx

最低限のブログ記事の書き方を初心者向けに解説【無理なく更新できる方法】

「ブログを使って情報発信したほうがいいらしい。けど、どうやってブログ記事を更新したらいいんだろう。具体的な書き方がわからない、、、。

今回は、このような悩みを抱えているスモールビジネスオーナーに向けてお送りします。

ブログ記事を更新して情報発信しましょう。といっても日記のような内容を更新しても意味がないです。

基本的にはノウハウ系で読者にとって役に立つ情報でないと、自分のブログのファンにはなってくれません。むしろ、ノウハウ系の情報発信は最低限です。

そこから、色々と工夫する必要ありです。具体的には、

  • タイトル
  • 見出し
  • 内容
  • ディスクリプションの設定

といった要素です。WordPressの投稿画面を意識してこの順番にしました。(今回はブログ記事の書き方なのでアイキャッチ画像、カテゴリー設定は省きました。)

では、各々解説していきます。

タイトルにキーワードを含ませる

タイトルにキーワードが含まれていないと、検索上に表示されません。

SEOがかなり厳しくなっているとはいえ、最低限のSEO対策として、タイトルにキーワードは含ませておきましょう。

以下の記事で詳しく解説しています。

SEO対策とは?ウェブ初心者でも実践できる最低限の方法

キーワードは、検索ユーザーの悩みがテキスト化されたものなので、キーワード選定をしてみることで、なんとなくでもこういった記事を書こうという案が出てくるのではないでしょうか。

スモールビジネスオーナーは、なんかしらの専門家な訳ですから、きっと書き方のコツだったり雰囲気を知れば、定期的に更新していけるようになりますよ。

ブログ記事の見出しを作成

キーワードを決めて、タイトルをつけたら、次は内容を考えていきます。その前に見出しを考えましょう。

書籍の見出しのようなイメージです。この見出しがなくて、文章のみだとすごく見にくい記事になってしまいます。

この見出しにもキーワードを入れるとなお良しです。これもSEO対策になります。

過度にやる必要はないですが、どの道キーワードを入れた方が、アクセスしたユーザーに対してもこの記事はなんの記事なのかがわかりやすいので、やっておいて損はないです。

見出しの付け方がわからない場合は、キーワードで実際に検索をしてみて、上位表示された記事がどういった見出しを作成して更新しているかを確認した方が、わかりやすいです。

ちなみに、これはタイトル付けも参考になりますよ。

しかし、間違ってもコピペなどは絶対にやってはいけないです。あくまで雰囲気を参考にするということです。

見出しを考えたら内容を記述

あとは見出しを元に内容を書いていくだけですね。見出しが決まれば、あとは割と単純作業です。

先程の見出しやタイトルを参考にした記事の雰囲気もぜひ参考にしましょう。

  • 文字の書き方
  • どの文章を箇条書きにしているのか
  • 画像をどのタイミングで入れているのか

他にも色々ありますけど、最初はこの辺を気をつけて確認してみましょう。

この上位表示された記事は、この記事わかりやすいな〜って記事は分析してみると面白いですよ。

さらっと解説しましたけど、雰囲気を真似するの重要です。

ディスクリプションの設定

最後にディスクリプションを設定しましょう。ディスクリプションとは記事の紹介文です。

記事作成画面の下のあたりにディスクリプションの項目があります。テーマによってはなかったりするので、なかったら「All in one SEO Pack」プラグインを導入しましょう。

検索画面上でタイトルに下に表示されるので、結構重要です。

このディスクリプションにも、キーワードを含ませておきましょう。

記事の紹介文なので、キーワードを自然といれられますね。これも書き方がわからないようでしたら、検索画面上を確認してみましょう。

まとめ

今回は「最低限のブログ記事の書き方を初心者向けに解説【無理なく更新できる方法】」について解説しました。

あくまで今回はブログ記事の書き方の解説なので、アイキャッチ画像やカテゴリー設定については省きましたが、これも大事な要素なのを覚えておいてくださいね。

ぜひ、今回のやり方で無理なくブログ記事を作成してみてください。

上位表示された記事を参考にするのが、我流で書くより上達が早いです。ただし、くれぐれもコピペだけはやめてくださいね。

あなたのサイトがGoogleからペナルティーをくらい、運営自体が出来なくなってしまいます。

また今回の内容はあくまで最低限の書き方であって、必ず検索上で上位に表示されるわけではないです。

今回の書き方をベースに実体験的な内容や、現場ベースの情報を入れていきましょう。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで