キャッシュワンクリックで削除!Chrome拡張機能「Clear Cache」

ページのコンテンツを更新した際に、更新内容が反映されないことってありませんか?

場合によりますが、こういったケースは、ブラウザのキャッシュというものを削除すると改善されます。

キャッシュとは、ページ上の情報を保存してくれる機能です。これにより、次にページを開く時のスピードが初回よりも早くなる仕組みです。

例えば、これによりお客さんなりコンテンツを共有したチームメンバーに「コンテンツを変更したので確認してください」といった連絡をした際に、相手から「変わってないですけど」といったことになります。

そんなブラウザのキャッシュを、ワンクリックで削除できる方法があります。

今回は、「Chrome拡張機能のClear Cache」をご紹介します。

Clear Cacheの使い方

まずは、「Clear Cache」をインストールします。

インストールは「拡張機能を追加」をクリックするだけで、完了します。

インストールが完了すると、Chromeの検索窓の横にアイコンが表示されたのを確認できると思います。

特に設定は必要ないので、このまま使うことができます。

使い方ですが、ページ上のコンテンツを編集した際に保存ボタンをクリックしたのにもかかわらずに、反映されていない場合、そちらのアイコンをクリックしてください。

すると、キャッシュが削除されるのでページを更新してください。

この方法で、ページ内容が正常に反映した状態で表示されます。

拡張機能を追加してクリックするだけと非常に簡単に利用できます。

編集後記

今回は、「Chrome拡張機能のClear Cache」についてご紹介しました。

これでページの変更内容が反映されずに、焦ることがないですね。

他のケースだと、保存ボタンの押し忘れなども疑ってみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで