iPadやiPhoneをMacに装着!サブディスプレイとして使う方法

iPadやiPhoneをMacにくっつけて使いたいと思ったことはありませんか?

  • セミナーでの台本
  • 連絡のこまめなチェック
  • サイトのスマホ表示の確認

といった感じで意外と使えます。

iPadやiPhone専用のスタンドを購入するという方法もあります。

以前私も試してみましたが、あまり使い勝手は変わりませんでした。

そこで今回は、「iPadやiPhoneをMacに装着!サブディスプレイとして使う方法」をご紹介します。

MacにiPadやiPhoneを装着できる『Mountie』

Mountieはご存知ですか?

こちらを使用することで、あなたのMacにiPadやiPhoneをくっつけることができます。

使い方は簡単。挟むだけです。

挟むだけなので、はじめは「これで大丈夫かな…」と思いますが、とても安定しています。

もう一つのディスプレイとして活用

活用方法は様々です。

  • スマホやタブレットで参考記事、参照文献を見ながら、Macでタイピング。
  • Macでサイトを作りながら、スマホ表示を常時チェック
  • スマホやタブレットで写真を表示しながら、Macで画像デザイン
  • ZoomやSkypeを使ったセミナーや会議での、台本代わり

いかがでしょうか?

ザッとあげただけでも、結構ありますよね。

Macだけだと、いちいち画面を切り替えたり、タブを切り替えたりするのが手間だったりします。

Mountie、とても便利です。

手軽にサブディスプレイが用意できるので、一度試してみてください。

編集後記

今回は、「iPadやiPhoneをMacに装着!サブディスプレイとして使う方法」についてご紹介しました。

これで、ちょっと面倒だった手間を省くことができますね。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで