スモールビジネス必見!価格 値決めの心得と値上げの方法

スモールビジネスオーナーであれば、何らかの商品・サービスは扱っていますよね。

その際に、価格・料金を決めると思います。

  • コーチ
  • コンサルント
  • カウンセラー
  • セラピスト

といった起業スタイルも増えてきていますので、無形の商品サービスへの値付けも必要になります。

スモールビジネスは単価勝負

スモールビジネスは、基本的に薄利多売は向きませんね。

客数を集めることよりも、優先なのは、コアな優良顧客との関係性を築くことです。

量より質、数より単価が大切なポイントになります。

では、どうやって価格を決めたらいいのでしょうか。

スモールビジネスの価格の決め方

フロントエンドとバックエンドという言葉は聞いたことありますか?

フロントエンド商品は低価格でお客さんを集めるための商品です。

バックエンド商品とは、フロントを購入してくれたお客さんに提供する、比較的高単価の商品です。

フロントエンド商品は安く設定しても構いませんが、バックエンドが安いのは問題です。

バックエンドは高く設定しましょう。

値上げへの抵抗を無くす方法

価格を上げることは、心配ですよね。

売れなかったらどうしようかと。

そこで、マインドセットを変えましょう。

スモールビジネスでは、

価格は高いか低いかではなく、割安感があるかで決めましょう。

「ここまでしてくれて、この値段でいいの?」

という印象もお客さんにもってもらうんです。

割安感のある条件を提案してみましょう。

ということは、あなたのサービスの価値も高めなければなりません。

価値が高ければ、安く感じてもらえます。

絶対比較ではなく、相対比較をしてもらえばいいわけです。

売れ行きが悪いと、値段を下げる方向で考えてしまいがちです。

それよりも、価値を追加して、割安感を演出しましょう。

編集後記

今回は、『スモールビジネス必見!価格 値決めの心得と値上げの方法』について紹介しました。

価格を決める上で参考になる書籍もあります。

価格の心理学

価格に関して広範の知恵が貰えます。

一読をおすすめします。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで