Macで容量を食っているデータを確認できる「DiskWave」

Macを数年使っていると、ストレージの容量が足らなくなったりします。

そんな時に、どのデータが原因なのかを、探るのは容易なことではないです。

今回は、そんなMacで容量を食っているデータを確認できる「DiskWave」というソフトをご紹介します。

DiskWaveの使い方

まずは、ダウンロードをしてください。

以下のページより、ダウンロードが可能です。

https://diskwave.barthe.ph/

ダウンロード後は、DiskWaveを起動しましょう。

ソフトを起動すると、

  • Macintosh HD
  • アプリケーション
  • デスクトップ
  • 書類
  • ミュージック
  • ムービー
  • 写真…etc

といった項目が出てきます。(バージョンによっては、英語表記になっています。)

しばらくするとPC全体のスキャンが完了し、正確な容量が表示されます。

あとは、容量が大きいファイルを見つけ、不要であれば画面右上のごみ箱マーク(Trach)をクリックしてください。

すると、ごみ箱に移動します。

あとは、ごみ箱を空にすることで、完全にデータを消去できますよ。

一点、注意として、よくわからないデータは大事なデータの可能性があるので、消さずにそのままにしておくのが賢明です。

明らかに、以前動画編集をした動画ファイル(その場合、ファイル名で判断できます。)な場合は消してしまっても問題ないです。

私の経験から容量を占めているのが、動画ファイルである可能性が高いです。

編集後記

今回は、Macで容量を食っているデータを確認できるソフト「DiskWave」について、ご紹介しました。

これで、Macで容量を占領しているデータを見つけることが出来て、PCの断捨離ができますね。

ぜひ、参考にしてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで