バカの壁│夜と霧│戦場のピアニスト│生きる意味・人生の意味を考える

あなたは、生きる意味・人生の意味を考えていますか?

おっと、少し重いテーマになりそうですね。

今回は、「バカの壁│夜と霧│戦場のピアニスト」をご紹介します。

バカの壁

バカの壁」は、養老孟司氏の著作です。

2003年の発刊で、当時はどの書店に行っても平積みされてました。

その中で、生きる意味・人生の意味を考えることの重要性、ヴィクトール・E・フランクルについて触れている部分があります。

夜と霧

ヴィクトール・E・フランクルは、「夜と霧」の著者です。ナチス・ドイツによって、強制収容所に送られた体験を綴っています。

壮絶な体験をした著者は、生きる意味・人生の意味は「外部にある」と言うんですね。

要するに、自己実現などといって内部ばかり見ていても、しょうがないと。この考え方、素直に響きませんかね。

戦場のピアニスト

ナチス・ドイツを扱った作品は本以外にもあります。

2002年のパルム・ドール「戦場のピアニスト」もそうです。(2018年は、是枝裕和氏の「万引き家族」です)

U-NEXT 」で観ることができます。生きる意味・人生の意味を考えていきたいものですね。

編集後記

今回は、「バカの壁│夜と霧│戦場のピアニスト」についてご紹介しました。

何かの作品がきっかけで、他の作品に触れることがあるものですね。

参考にしてみてください。

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで