fbpx

赤ちゃん・幼児の、キッチンへの侵入対策ガードには、ベビーゲート

赤ちゃんや幼児は、動けるようになると、手がつけられませんよね。

彼・彼女には、まだ言葉は通じません。

時には、料理中のキッチンに侵入してしまう時もあります。

今回は、「赤ちゃん・幼児の、キッチンへの侵入対策ガード、ベビーゲート」をご紹介します。

ベビーゲートとは

ベビーゲート」は、いわゆる「柵」のことです。

ドアで仕切られていない、キッチンなどの入口。

ここに、突っ張り棒のような感じで設置します。

開け閉めには、つまみやボタンの操作が必要です。

ですので、赤ちゃんや幼児では、開けることができません。

伸び伸びさせた方が良い?

このような赤ちゃん・幼児グッズというのは、賛否両論が付きものです。

「柵なんかで区切らないで、伸び伸びさせた方が良い」

という声も聞こえてきます。

ですが、個人的には、

「柵があった方が、追いかけ回さないで済む。結果、伸び伸びできる」

と考えています。

人それぞれで良い

要するに、「人それぞれで、良いじゃないか」ということです。

同調圧力ばかり掛けていないで、多様性を認める。

これが大切なのは、どの分野でも一緒ではないでしょうか。

ベビーゲート、おすすめです。

編集後記

今回は、「赤ちゃん・幼児の、キッチンへの侵入対策ガード、ベビーゲート」についてご紹介しました。

便利グッズは、便利グッズとして、有効活用していきたいですね。

参考にしてみてください。

スモールビジネスの
現場からは以上です.

このは屋の最新情報をツイッターで